DVDの映画やドラマでは、英語の字幕を表示できるものが多いので、聞き取れなかった英語の単語や表現を確認できるのがうれしいです。

作品そのものを楽しみながら、英語の勉強もできるところがいいですね。

映画とドラマをくらべると、連続ドラマの方が、時間あたりのセリフの密度が濃くて、英語の勉強という意味では効率的な場合が多いと思います。映画は、静かに美しい映像を見せる場面とか、アクション映像でたたみかける場面なども多いので、ドラマよりはセリフの密度が低くなりがちです。

特定の海外ドラマだけをネタにした英語学習サイトとかブログがあることからも、ドラマが英語の勉強材料に適していることがわかります。ドラマは、1回に見る分の時間が短いのも、都合のいい場合が多いです。

セリフの密度が高くて勉強になるドラマの1つに、『アリー・マイ・ラブ』があります。法廷シーンのあるドラマや映画は、やはりセリフの密度が高くなります。私は、昨年秋から、あらためてファーストシーズンの第1話から順番に見始めたのですが、今は、セカンドシーズンの途中でちょっと小休止中です。

昨日の記事でもちらっと触れた『トゥルー・コーリング』も好きでした。

昨晩、『Sue Thomas - F.B.Eye』の第1回を見ました。耳の聞こえない女性がFBIの職員になって活躍するドラマです。どこか日本の民放テレビが放送してたことがあったのを覚えていますが、そのときはほとんど見ませんでした。でも、あらためて見てみると、主人公がけなげで応援したくなるし、楽しめそうです。
関連記事

スポンサーリンク


コメント 4

り~やん  2007, 02. 11 (Sun) 14:33

同感です!

昨年の4月からずっと忙しくて英語の勉強もドラマもお休みしていたのですが、先日久しぶりにSATCを見たら、字幕ナシでもせりふがす~っと頭に入ってきて感動しました!まさに生きた英語、そのまま使えそうな英語が満載!

アリーの英語は早口だし難解ですね。でも一つのテーマ(ドラマのテーマ)に関する単語をどんどん覚えられるのはいいと思います。

今月からスカパーのチャンネルを増やしてFOXなどを見られるようにしたので、どんどんドラマを見たいと思います。って、英検の勉強宣言に矛盾してる???(笑)

編集 | 返信 |  

pikayuko  2007, 02. 11 (Sun) 17:14

本当にそうですね。
私はロズウェルも、好きです。
ご存知ですか? 
アリーマイラブも、好きでした。(シーズンが進むにつれて、アリーが大変なことになって行きましたが)
今は、DVDを借りに行くのが
ちょっと面倒で、フルハウスと
恋するマンハッタン(what I like about you)を見たりしています。
24は、見始めるとなんだか、とっても大変でした。上手くできていて止まらないんですが、とにかく時間がかかって。
暇があるときじゃないと苦しいドラマでした(笑)

編集 | 返信 |  

Applecheese  2007, 02. 11 (Sun) 21:08

り~やんさん

SATC=Sex and the Cityと略すんですね。知りませんでした。F.B.Eyeの次はSATCにするかも知れません。

アリーは、おっしゃるように饒舌で早口なので、特に途中で止めて言っていることを確かめたりします。

編集 | 返信 |  

Applecheese  2007, 02. 11 (Sun) 21:17

pikayukoさん

フルハウスは聞いたことあったけど、ロズウェルは知りませんでした。恋するマンハッタンも、聞いたことがあるような気がします。「いつか見てみるリスト」の候補が増えました。ありがとうございます!

編集 | 返信 |  

トラックバック 1

この記事へのトラックバック
  •  凄い勢いで指示を集めています(男性向け恋愛マニュアル)
  • 男女の違いを知り自由にコントロールできれば、きっと有意義な時間を過ごせると思います。もちろん「相手はまだこれから探す鐔?箸い?佑發海譴鮹里譴弌△?榲討僚④紡个靴突㌫忙魃燭屬海箸?侏茲襪茲Δ砲覆蠅泙后
  • 2007.02.12 (Mon) 00:39 | お悩みBlog(ブログ)