食べ物は食べたらなくなりますが、おいしいものが食べてもなくならないとしたら、それほどいいことはありません。

しかし、ケーキを食べてしまった後で、まだ手元に持っておきたいというのは無理な話です。

If you think that someone wants the benefits of doing two things when it is only reasonable of doing one, you can say that they want to have their cake and eat it.(コウビルド英英辞典より)

つまり、どちらかを選ばなければならないときに、両方を欲しがる人に対しては、「両方は無理だ」 という意味で、You cannot have your cake and eat it too. と言えるということです。

でも、よく考えると、「ケーキを食べ、なおかつそれを持ち続けることはできない」なのだから、have と eat の順番を逆にしてほしい気がします。

昔、この表現が使われ始めた頃には、順番は eat が先で、have が後だったそうですが、いつの間にか逆になってしまったそうです(THE FREE DICTIONARY より)
関連記事

Tag:英語の.慣用表現


スポンサーリンク


コメント 0