FC2ブログ
体温計 は、英語では単に thermometer (サーモミター)と言うことが多いです。

日本語的には、気温を測る温度計と区別したいところですが、よほど区別する必要のあるときや、医学の教科書や論文などでない限り、普通の会話では、体温計温度計thermometer で済ませます。

日本では、体温計のことを温度計と言う人はほとんどいないと思いますが、考えてみれば、体温計も温度計の一種です。

これに呼応する感じで、英語では 体温 のことを単に temperature と言うことが多いです。body temperature とも言えますが、少し専門的な感じがします。「私の体温」は、my temperature と言います。

今日、NHKのニュースの英語の副音声を聞いていたら、気温が○○度まで上がった というのを、The mercury has risen to ○○ degrees. と表現していました。

mercury (マーキュリー)は 水銀 で、昔は温度計によく使われていたので、こういう表現をするようになったのでしょう。

今となっては比喩表現のようにも感じられますが、実際に水銀を使った温度計の中では、水銀が○○度の目盛りのところまで上がるので、比喩ではなく事実です。

温度を mercury に言い換えるこの表現は、英語のネイティブはまあまあ普通に使うようですが、われわれ日本人は、よほどネイティブに対抗したいという野心でもない限り、the temperature has risen to ~ のように言えばいいと思います。

以下、コウビルド英英辞典 から引用しておきます。

A thermometer is an instrument for measuring temperature. It usually consists of a narrow glass tube containing a thin column of a liquid which rises and falls as the temperature rises and falls.

Mercury is a silver-coloured liquid metal that is used especially in thermometers and barometers.
関連記事

Tag:英語の.単語 英語の.慣用表現


スポンサーリンク


コメント 0