FC2ブログ
アレサ・フランクリンAretha Franklin)が亡くなったので、欧米のニュース番組では彼女の足跡をたどる映像や、交流のあったさまざまな著名人へのインタビューなどがたくさん放送されています。

すい臓ガンpancreatic cancer)を患っていたそうです。

日本では「アレサ」と書き、「アレサ」と発音するのが通例ですが、英語では、「レ」のところを「リ」と発音し、しかも「リ」が少し長めなので、「アリーサ」という感じです。また、Aretha というつづりを見ればわかりますが、「サ」は日本語の「サ」とは違う発音です。

彼女の代表曲の1つに、Respect があります。

ここ数年、というか、最近の5~10年のあいだに、日本の芸能人やスポーツ選手や芸術家などが、「尊敬する」という意味で「リスペクトする」と言うのを聞く機会が増えています。こういう言葉の使い方は、以前なら、「英語かぶれ」か「海外かぶれ」と思う人が多かったと思いますが、今ではそう感じない人が増えてきているのかもしれません。

アレサ・フランクリンの Respect の歌詞を動画(→こちら)で見てみましたが、女性が、パートナーである男性に対して、「私のことを尊重してほしい」と主張していて、その「尊重する」の意味で respect という言葉が使われています。

日本の芸能人やスポーツ選手が使う「リスペクトする」は、大部分が「尊敬する」の意味で、あこがれの存在であるとか、自分がその道に進むきっかけになった・・・というような場合がほとんどです。いかにもコテコテの日本人なのに、「尊敬する」や「あこがれている」というわかりやすい言葉を使わずに、「リスペクトする」と言っている人を見ると、どこか恥ずかしいような残念なような気分になります。

一方、女性が夫や恋人に自分を「尊重してほしい」や「敬意を払ってほしい」というときの「尊重」や「敬意」は、口語的な日本語としては少しこなれていない感じなので、Respect の歌詞を訳した人がいたとしたら、どう訳したのか気になります。この「尊重」がしっくりこないと感じるとか、思い浮かばないとかいったバイリンガルの人が、日本語の会話中に言葉に困って「リスペクト」と言ったのであれば、許してあげたい気がします。

さて、そんな重箱の隅をつつくようなこだわりはこれぐらいにして、数多くある Aretha Franklin の動画の中から、ちょっと変わったところで、歌劇「トゥーランドット」の中の「誰も寝てはならぬ」(Nessun Dorma)を歌っているものを貼り付けておきます。

 

関連記事

Tag:英語の.単語 英語の.発音


スポンサーリンク


コメント 0