FC2ブログ
英語で au というつづりの部分は、「オー」と発音する場合が多いです。automatic、Australia、caught、taught、August、naughty、Paul、Maureen、daughter、authority、sausage など、いろいろな例が思い浮かびます。

sauna trauma も、英語では、「ソーナ」や「トローマ」と発音する人の方が多いです。「サウナ」や「トラウマ」という発音は、英和辞典には併記されてる場合が多いですがが、英語話者が使う英英辞典では、省略されて書かれていないことも多いです。

sauna はもともとフィンランド語で、フィンランド語での発音は「サウナ」なのですが、英語を話す人は au というつづりを見ると反射的に「オー」と発音するので、そうなるのでしょう。

サウナの話になったので、英英辞典の定義を紹介しておきます。コウビルド英英辞典の1つ目の定義は、次の通りです。

If you have a sauna, you sit or lie in a room that is so hot that it makes you sweat. People have saunas in order to relax and to clean their skin thoroughly.

少し意外に思ったのは、施設としてのサウナではなく、「サウナに入ること」の説明になっていることです。施設としてのサウナは、2つ目の語義として紹介されています。

A sauna is a room or building where you can have a sauna.

trauma を「トラウマ」と発音する人は少数派とはいえ、sauna を「サウナ」と発音する人よりは多い印象です。また、trauma の語源は古代ギリシャ語とのことなので、日本で「トラウマ」と表記したり読んだりするのは、それなりに根拠があると言えそうです。

ところで、小池東京都知事が今日言っていたように、サウナのような暑い日が続いているので、2年後の東京五輪が心配になります。観客や選手が数多く熱中症になったりすると、運営の不手際などと言われて、それこそ日本のトラウマになるかもしれません。今からでもいいから、前回と同じ10月に変更するとか、できないのでしょうか。
関連記事

Tag:英語の.単語 英語の.ニュース


スポンサーリンク


コメント 0