FC2ブログ
サミットというと、先進国首脳会議とも呼ばれるG7サミットや、それより多く20か国が参加するG20サミットなどがよく知られています。G7やG20サミットは、その時の開催地の名前を使って「洞爺湖サミット」、「伊勢志摩サミット」などのようにも呼ばれます。ちなみに、G7やG20とは、Group of 7 や Group of 20 の略だそうです。

では、それ以外にサミットと呼ばれる会合は何があるのか・・・と言われると、ちょっと答えに詰まるのではないでしょうか。

実は、英語の summit は、G7やG20などのように定期的に開催されたり、数カ国以上の首脳が参加したりする会合だけでなく、臨時の首脳会談や、二か国の首脳同士だけの会談の場合にも使われます。

A summit is a meeting at which the leaders of two or more countries discuss important matters. (コウビルド英英辞典より)

なので、英語のニュース番組では、数日前のカナダ・ケベック州の「G7シャルルボワ・サミット」に続けて、シンガポールで行われた米朝首脳会談も、Trump Kim summit とか、North Korea US summit と言ったり、話の中で this summit in Singapore などと表現されたりしていました。

ところで、今回、G7の方のニュースを見ていて、Quebec を「ケベック」ではなく、「クウォベック」のように発音する人がかなり多いということに気がつきました。私が見ていた限りでは、「ケベック」に近い発音の人と、「クウォベック」のような発音の人は、半々ぐらいの印象です。


関連記事

Tag:英語の.単語 英語の.発音


スポンサーリンク


コメント 0