日本では一部の田舎の行事ぐらいにしか残っていない 旧正月lunar new year)ですが、中国やその他のアジアの国では、こっちの方が新年として盛り上がるということも多いようです。中国では、「春節」とも呼ばれます。

lunar new year は、lunar calendar旧暦太陰暦)の新年ということです。lunar calendar に対して、新暦、太陽暦は solar calendar と言います。

「中国などで春節が来て、新しい1年が始まりました」という内容のニュースを英語で聞いていたら、今年は酉年であることにも触れていました。酉年 は、year of the rooster と言っていました。rooster とは、雄鶏 のことです。

ニワトリだから chicken なのかと思ったら、year of the chicken とは言わないんですね。

rooster から連想する単語に、roost鶏小屋鳥のねぐら)があります。

roost と言えば、過去の悪い行いが後で本人にはね返ってきた状況を、chickens have come back to roost という慣用表現であらわすことがあります。 日本語に訳すなら、「自業自得」や、「身から出た錆」という感じです。

また、慣用表現というほどではないのでしょうが、昔よく聞いたルー・リード(Lou Reed)の曲の中で、spitting in the wind comes back at you twice as hard という歌詞があったのも思い出します。

鶏に限らず、家畜を入れるための「畜舎」や「囲い」という意味で使われる単語に、pen があります。筆記用具のペンと同じつづりの pen です。

A pen is a small area with a fence round it in which farm animals are kept for a short time. (コウビルド英英辞典より)


しかし、あらためてこの曲(Strawman)を聞くと、この人が今も生きていたら、トランプ大統領を真っ向から斬り捨てるような曲を書いて楽しませてくれただろうになあ・・・と思ってしまいます。
 
関連記事

Tag:英語の.慣用表現 英語の.単語


スポンサーリンク


コメント 0