大統領選候補のトランプ氏が、クリントン氏に期日前投票した人に対して、「後悔しているのなら、投票をやり直して自分に投票して欲しい」という主旨の発言をしました。

その「後悔している」のところで使われたのが、buyer's remorse買った後で後悔すること)というフレーズです。具体的な発言内容は、だいたい以下のような感じでした。

Any Democratic voter who have already casted their ballots for Hillary Clinton and who are having a bad case of buyer's remorse, you can change your vote to Donald Trump.

同氏がこういう呼びかけをしたのは、州によっては期日前投票をやり直すことができるからです。

トランプ氏は普段からたとえ話が多いですが、この buyer's remorse も、考えてみると、投票を買い物にたとえていることになります。
関連記事

Tag:英語の.慣用表現 英語の.ニュース


スポンサーリンク


コメント 2

Parthkun  2016, 11. 03 (Thu) 15:25

No title

なるほど。buyer's remorseなんて表現もあるのですね。参考になりました。

編集 | 返信 |  

Applecheese  2016, 11. 03 (Thu) 23:38

No title

>なるほど。buyer's remorseなんて表現もあるのですね。参考になりました。

私も今回初めて知ったのですが、トランプ氏のように不動産の売買をするような人は、買って後悔した物件もあるだろうから、普段からよく使う表現なのだろうと思いました。

編集 | 返信 |