おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

北欧女性ボーカル寄せ集め

めっちゃ暑いので、夏も涼しそうなイメージの北欧各国の女性ボーカルを紹介したいと思います。

北欧各国の中でも、個人的に最近一番気になっているのは、フィンランドです。前にも紹介しましたが、フィンランドの何人かの女性シンガーにはまっているのが、その理由です。中でも一番好きなのは Johanna Kurkela(ヨハンナ・クルケラ)です。この人の声を聞けば、夏も涼しい気分になれます。





雰囲気的に少し近い感じの曲が多い人としては、Suvi Teräsniska がいます。ヨハンナと比べると、声や曲調は少し力強くて、音域は少し低めかなあという気がします。



次は、印象として声の音域がさらに下がって、深みというか、温かみ(湿っぽさ?)がある感じの、Jenna Vartiainenn(イェンナ・ヴァイルティアイネン)です。この人は、私がヨハンナ・クルケラに次いで2番目に好きなフィンランド人シンガーです。



こんな風に、いろんなフィンランド人シンガーの曲を聴いているのですが、上から2番目の歌詞が出る動画などを見ていると、フィンランド語って、なんか面白そうだなあと思います。日本語で「あー」と言うように伸ばす発音のところは aa のように母音を重ねてつづり、「っ」で表されるところは、日本語をローマ字にするときと同じく、kk や ss や tt などのように子音を重ねてつづります。

かなり以前、たぶん20年ぐらい前のような気がしますが、『フィンランド語は猫の言葉』というような題名の本を読んで面白かった記憶があるのですが、最近、こうして実際にフィンランド語を耳で聞くようになってからは、正直、ネコの言葉という感じはしないなあと思っています。語尾が「ねん」で終わる言葉が多いような気がして、大阪弁っぽいかも・・・などと思っています。

北欧と言って始めたので、フィンランドだけでは終われません。北欧で一番大きな国、スウェーデンも、気になります。個人的には、以前テトラパックというスウェーデンの会社の日本や米国の拠点で働いていたので、それだけでもスウェーデンには親しみがあります。

スウェーデンは、音楽でも存在感がありますよね。ABBAから始まり、RoxetteやCardigans、Ace of Baseなどが、世界的にヒットする英語のポップスをたくさん生み出しています。ただ、スウェーデン語の曲になると知名度が落ちるのは仕方がないところです。そんな中で、まだ数曲しか聞いていませんが、見ていて楽しいと思ったのが、以下の Timoteij です。



次。ノルウェーに行きましょう。ノルウェーで好きなのは、Marit Larsen です。以前、If a Song Could Get Me You という曲を紹介したことがありました(→こちら)。ソロになる前は、Marion Raven と組んで M2M として活動していた人です。



ところで、少し前に英会話のフリートークができるところに行ったのですが、そのときたまたま、デンマークの話が出て、デンマークって、一応、北欧だけど忘れられることが多いという話をしました。デンマークと、さらに忘れられることの多いバルト三国とアイスランドの音楽については、私もよく知らないので紹介できるものがありません・・・。

ということで、そろそろ終わりにしようと思いますが、上に紹介した動画のラインナップを見て、全体的にソフトな感じばかりだったので、最後は趣向を変えてフィンランドの Nightwish で締めておきます。

関連記事


トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索