おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

リベリア(→ライベリア)、ギニア(→ギニー)、シエラレオネ(シエラリオン)・・・

エボラ出血熱の感染が広がっている西アフリカの3か国、リベリア、ギニア、シエラレオネの英語の発音は、少し注意が必要です。

英語の発音は、タイトルの括弧内に書いた通りで、Liberia はリベリアではなく「ライベリア」、Guinea はギニアではなく「ギニー」、Sierra Leone は「シエラリオン」のような感じで発音すると、通じやすく、それらしいです。

地名の他にも、最近、英語の発音で意外だった単語がいくつかありました。

その1つは、オリオン座の Orion です。英語の発音は、オリオンではなく、オライオンです。まったく知らなかったので、少し衝撃的でした。onion がオニオンなのだから、Orion もオリオンにして欲しいっ!・・・と言ったことはありませんが、言いたい気分です。(逆でもいいです: 「オリオンがオライオンなら、オニオンはオナイオンにして欲しいっ!」)

ちなみに、英単語の発音を耳で聞いて確認したいときに私がよく使うのは、THE FREE DICTIONARY というサイトです。リンク先(LiberiaGuineaOrion)で、スピーカーと国旗のアイコンをクリックして、ぜひ確認してみてください。

他にも、発音について「そういえばそうだった」と思った単語に、warpウォープ)がありました(発音確認→こちら)。宇宙戦艦ヤマトの影響で、つい、「ワープ」と発音したくなる人も多いと思いますが、私もその一人です。ちなみに、warp の意味は、木の板などが「反る」、「曲がる」、あるいは、板などを「反らせる」、「曲げる」で、宇宙戦艦ヤマトの中で使われている「ワープ」のような意味ではありません。

warp がワープじゃなくてウォープだったのを思い出したのは、英会話レッスンで使っているテキスト(以下)に出てきたからでした。


関連記事


トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索