ナイチンゲール(nightingale)とは、ヨーロッパを生息地とする鳥の名前です。日本語では、「サヨナキドリ」と呼ばれることもあり、きれいな声で鳴くそうです。

A nightingale is a small brown bird. The male, which can be heard at night, sings beautifully.(コウビルド英英辞典より)

でも、私自身は、つい最近まで、ナイチンゲールという言葉に、小学校の図書室の本棚にある伝記コーナーの中の1冊で取り上げられているイギリス人看護婦で、近代的な看護法の確立に貢献した人の名前以外の意味があるとは、まったく知りませんでした。(「看護師」と書こうかとも思いましたが、ナイチンゲールの場合は、やはり「看護婦」の方がいいですよね・・・まだ「看護婦」という言葉が忘れられていない今のことろは)

Same here! (私もそうだった)・・・という人はいると思うのですが、どうでしょうか?

イギリス人看護婦のナイチンゲールは、フルネームは Florence Nightingale だそうです。考えてみると外国の著名な人物の中には、日本ではファーストネームがあまり知られていない人が多い気がします。でも、著名人をファミリーネームでしか知らないというのは、かなり片手落ちで、その人について話をするときに結構不便なこともあると思います(マドンナやシャキーラなどの mononym は別ですが・・・)。

それに比べると、日本の歴史上の人物は、姓も名もちゃんと揃ったセットで覚えられていますが、1つには同じ日本人なので日本語の名前が覚えやすいということと、あと、何代にもわたる貴族や武家や将軍家は姓が同じで名が違う人物を区別しないとどうしようもないから・・・という理由もあると思います。

まあいずれにせよ、これからは、ファミリーネームしか知らない外国の著名人を思い出したら、ファーストネームも調べて覚えておこうと思っています。

以下は、Demi Lovato の Nightingale という曲です。ナイチンゲールももちろん出てきますが、not see forest for the tree(木を見て森を見ず)などのことわざも出てきます。


もう1つ、個人的になつかしい曲(ラブ・ポーションの「ナイチンゲール」)を貼り付けておきます。こちらは、看護婦のナイチンゲールしか知らないときに聞いて特に何の疑問も持たずにいましたが、鳥のナイチンゲールだったのかと今さらながら納得しています。

関連記事

Tag:英語の.単語 音楽.DemiLovato


スポンサーリンク


コメント 0