6月25日のNHKニュースおはよう日本「まちかど情報室」で、ふくらませて使う商品が3点紹介されていました。そのうちの1つは、ソーラーパネルの部分を日光に当てて充電しておいて、使うときには、袋状の本体を膨らませたうえで明かりを点灯させるランプでした。

たしか、ハイチ地震の救援ボランティアに行った人が、電気のない夜の暗闇で使うために考えたと言っていたような気がします(違っていたら、すみません)。

電気のない暗闇では役に立ちそうです。これを棒の先にくくりつけて、棒の部分を持って足下を照らしながら歩いたら、江戸時代の怪談に出てくるような、提灯みたい・・・かもしれません。ろくろ首やのっぺらぼう、お岩さんなどに会えるかもしれませんね。

Tuesday's "Machikado Johoshitsu" (a short section of NHK's morning news program) was about inflatable products. One of the products introduced in the program is LuminAID, which is a solar-powered inflatable light.

ソーラーパネル(太陽電池)で充電LuminAID 【ルミンエイド】携帯式折りたたみ式LED 受電式ライト

価格:3,360円
(2013/06/26 16:36時点 )

感想:0件


inflatable といえば、以前、「膨らませる兵器」のニュースレポートを紹介したことがありました(→こちら)。でもこれは、残念ながら、まちかど情報室向きではないです(「戦場情報室」ならOKかも)。それに、その辺で売ってないし。

Lumin AID(ルミンエイド)ソーラー充電式ランタン 【あす楽対応】

価格:3,360円
(2013/06/26 16:41時点 )

感想:0件


ちなみに、eBayで inflatable solar light を検索したら、香港のセラーが売っている中国製の安い類似品(1個10ドル以下でした)が出てきて、送料無料だったので、取り寄せて日本で高く売って差額を稼ごうかと思いましたが、やめました。中国製の類似品は、膨らませた形がハート型のものと、パンダかミッキーマウスの顔のような形のものがありました。
関連記事

スポンサーリンク


コメント 0