以下は、ドリー・パートンの有名な曲 "Jolene" を、Mindy Smith という別のシンガーがカバーしたバージョンです。


歌詞を見ながら気がついたのが、I'm begging of you の "beg of" です。辞書によると、「beg + 人 + of to ~」で、「(人に)~するようお願いする」という意味だそうです。beg を使った同じ意味の言い方では、of のない「beg + 人 + to ~」の形の方がずっと一般的なので、そういう言い方もあるのか・・・と納得しました。ここでは、I'm begging of you, please don't take my man. で「お願いだから彼を取らないで」ということです。

Please don't take him just because you can. は、センスのない訳になりますが、「ただできるからという理由だけで彼を取らないで」ということです。このように、普通、just because ~は「~というだけの理由で」という意味ですが、「~」の部分なしで、Just because. だけで終わらせると、「理由なんてない」という突き放した言い方になります。「なんで?」と聞かれた時の 「なんでも」「そうだからそうなの」という答えが、Just because.です。

以下は、本家のDolly Partonが歌っている映像です。


もう1つ、少しエスニック風のカバー版も貼り付けておきます。歌っているのは Paula Darwish という人で、トルコやクルドの要素を取り入れた音楽をやっています。



関連記事

スポンサーリンク


コメント 4

Super源さん  2012, 12. 31 (Mon) 20:01

良いお年を!

Applecheeseさん、こんばんは。v-410

今年も、たくさんのinteresting and instructiveな記事をありがとうございました。

来年も、どうぞよろしくお願いいたします。
それでは、どうぞ良いお年を。m(__)m

編集 | 返信 |  

Applecheese  2013, 01. 06 (Sun) 23:42

Super源さん

ありがとうございます。年末に書き込んで頂いていたんですね。今、気がつきました。今年も、よろしくお願いします!

編集 | 返信 |  

マボちゃ  2013, 01. 16 (Wed) 14:38

凄く分かりやすいし覚えやすいので英語の不器用な私も楽しく読んでいます( ´ ▽ ` )ノ

編集 | 返信 |  

Applecheese  2013, 02. 08 (Fri) 18:02

マボちゃさん

ありがとうございます!最近更新できていないのですが、そのうちまた、楽しく読める記事を追加していきたいと思います!

編集 | 返信 |