一瞬ドキッとしたり、勘違いしそうになる歌詞の曲ってありますよね。思いつくものを挙げてみます。


これを初めて聞いたときは、She's got nothing on まで聞いて、「え、裸なのか?」と思い、but the まで聞いて、「ああ、そうじゃないのか」と一瞬思いかけ、じゃあ何を「つけて」いるのかと思ったら、衣服など身につけるものではなく、ラジオだけを「つけている」ということで、歌詞の仕掛けにまんまとはまってしまいました。あえて言えば、もともと服装には関係なく、「テレビや電灯はつけていないけど、ラジオだけはつけている」のかもしれませんが、やはり普通は、何も着ていないのだと思いますよね。この曲のCDのジャケットは、「なるほど」という感じがします(→Amazonの商品ページ)。



これは、nobody loves me と聞こえた時点で、一瞬「なんかさびしい」気分になりましたが、続きを聞いて、「そういうことか」と思い直しました。


これは、I don't like anyone と聞いて「人嫌い」ないやな性格を連想しかけましたが、続きがあって、1つは the way I like you で、もう1つは、but you です。
関連記事

Tag:音楽.Roxette 音楽.JessicaAndrews


スポンサーリンク


コメント 0