おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011W杯直後のソロとワンバック


以下は1年前、なでしこがW杯で優勝した直後に、決勝で日本に敗れたアメリカチームのホープ・ソロ選手とアビー・ワンバック選手がトークショーに出演したときの映像です。

ホストのレターマンは、日本との決勝の話から始めています。tough loss は、「厳しい敗戦」と「惜しい敗戦」の両方の気持ちが混じった言い方のように聞こえます。「サッカーのことはもっと知りたいけど、それほど詳しくない」と言いながら、「日本相手に試合を支配しているように見えた」(It looked like to me you guys were all over the Japanese team.)と言っています。そして、「何度も何度もシュートしていたから、何点も取れると思ったけど、そうなりませんでしたね」と続けています。これに対してワンバック選手は、「いつもはそうですけどね」と言い、ソロ選手は、ポゼッション率が高くW杯中で一番いい試合ができたけど、大量ゴールにはつながらなかったと説明しています。


(1:00~)「日本と22回か23回対戦して一度も負けていなかったことは、プレッシャーになりましたか?」 - 「いいえ。それは感じませんでした。とても自信を持って試合に臨みました。ブラジル戦でムードが良くなり、アメリカでも注目して応援してくれていましたから。最終的に、W杯の決勝でペナルティで負けるというのは残念でしたが、国内で皆さんが盛り上がってくれて、これほど誇りに感じることはありませんでした」(ワンバック選手)。

次に、準々決勝のブラジル戦の話に移り、審判の判定がおかしかったことなど、不利な条件が多い試合だったと説明しています。ワンバック選手は、「ロスタイム(injury time)って、よく分からないでしょうけど」とか、「オフサイドラインも、分からないでしょうね」などと、逆にレターマンをからかって楽しんでいます。ソロ選手は、1点リードされ、選手が1人少ない(a man down)状態になり、終了間際に追いついて勝った歴史的な試合だったと言っています。

ワンバック選手がヘディングのゴールが多いことについて、レターマンが、「大学の体育の授業でサッカーのヘディングを練習したけど、何年も後になって、脳にダメージを与えると聞いて驚いた・・・」と言うと、ワンバック選手は、「脳に何??」と言って、脳がにぶくなったかのような演技をして受けを取っていますが、その後で、ブラジル戦のヘディングのゴールは、それで少し頭が悪くなっても構わないだけの価値があった(Being dumber for that moment is ok.)と言っています。

ワンバック選手は、国際試合での通算ゴール数を聞かれて120ぐらいだと答え、代表レベルでのキャリアは10年ぐらい(10 years-ish)だと言っています。女子選手の代表レベルでの平均的な競技(可能な)年数(competitive expectency)については、「体の状態によりますが、4年間トレーニングを続ければ次のW杯にも出られると思います。でも、わかりませんね。健康を維持することが重要です」と言っています。

(5:21~)「ソロ選手は、ひどい怪我をしたんですよね?」 - 「はい。肩の手術から復帰したところです。選手生命が終わる可能性もありました。でも有名なジェームズ・アンドリューズ医師の治療を受けて、9か月で完治しました」 - 「9分間?」 - 「9か月ですよ。9分間じゃなくて」・・・(中略)・・・「あなたの怪我の記事を読んでいて、バイクの事故か何かかと思っていたら、何度も繰り返して肩から地面に落ちたことが原因だったそうですね?」 - 「はい。毎日毎日、1日に50回ぐらい、体重150ポンド(約68kg)の体で着地しているのだから、いつかは体のどこかがおかしくなります。・・・体重、言っちゃったけど。しかもテレビで!」

6:19あたりからはW杯決勝の話で、アメリカ人のファンも多くがフランクフルトに来て応援し、ブラジルを破ったことでドイツ人からも応援してもらったと言っています。

「何度も言われていることでしょうが、日本のチームが勝ったときの熱狂(ferver)や感動は、彼らが昨年経験した惨事を考えると、よく分かりますよね。その意味で、もし負けるとしたら、このチームになら負けても構わないという気持ちだったんでしょうか?」 - 「私は日本のチームにとても仲のいい選手がいます。宮間あや選手です。背番号8の選手で、1点目を取り、2点目をアシストしました。彼女が試合前にメールをくれたんです。私は試合前、特にW杯決勝の前には決して対戦相手と話をしません。でも、彼女たちがあまりに誇りと敬意と品位に満ちあふれていたので、結果はどうあれ、この瞬間を楽しみましょうと返事をしました。試合後、日本が勝って彼女が歩いてきたのですが、喜びを表に出していませんでした。彼女は、私たちが傷ついていることを分かっていて、私たちに敬意を示したかったのです。それぐらい、日本の人たちは思いやりがあるんです。・・・私は、『あや、あなたワールドカップで優勝したのよ。しかも国の代表として初めて。お願いだから、もっと喜んで』と言いました」・・・と美談が続いたことろで、レターマンは、自分だったら『●●●』と言っていただろうけど・・・と茶化しています(●●●が速くて聞き取れません。kill が聞こえるような気がしますが)。

後は省略しますが、最後に外に出てタクシーに向けてシュートするのが面白いですね。
関連記事


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【2011W杯直後のソロと】

以下は1年前、なでしこがW杯で優勝した直後に、決勝で日本に敗れたアメリカチームのホープ・ソロ選手とア

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。