以下は、5月2日に、絵画としては史上最高額で落札されたムンクの「叫び」に関するニュース動画です。

冒頭、「このよく見る顔が、1億1990万ドルをつかみとりました。これは、オークションで売られた美術品としては最高の値段です」と言っています。「1億1990万ドル」のところは、119.9 million dollars です。私は普段、100 million を1億と換算するのにも時間がかかるので、million の前に小数点を含む数字が出てきて、思わず思考停止状態になってしまいました・・・。


以下、少し飛ばして途中から、詳しく見ていきます。

[1:05~] "It's a subject of thousands of cartoons, ****, knock-offs." の **** がよく聞き取れません。何と言っているのでしょうか?(ティースィーズ・・・のような感じに聞こえますが)。knock-off は、「安物のコピー商品」です。

[1:10~] 「パステル画バージョンは、1893~1910年の間にムンクが描いた4つのバージョンのうちの1つで、本人の母国であるノルウェーで美術館に展示されていない唯一のものです。所有者の父親はムンクの友人で支援者(patron)でもあり、オークションの収益の一部を、ノルウェーに美術館とアートセンターを建設するのに使うと言っています」

[1:30~] 「『叫び』のような美術作品の値段が高騰する中で、一部の専門家は、こうした美術作品が、ここニューヨークのメトロポリタン美術館のような老舗の美術館にとっても、手が届かなくなりつつあると考えています。優れた美術作品が、一部の人しか見られなくなるのではないかと懸念する人もいます」

「アメリカには、ヘッジファンドの関係者でおそらく3~4人ほど、この作品を購入できる資金があり、欲しいと思うであろう人がいます。また、半ダースほどのロシアの億万長者が、高額作品なら何でもいいから買おうとしています。それにもちろん、おっしゃるように、中国の億万長者、インドの億万長者、中東の億万長者など、トータルすれば20人ぐらいがいます」

[2:08~2:16] 「『叫び』のこのバージョンは、今のところ、一般公開される個人コレクションには含まれていないことから、今後は大金持ちだけしか見られなくなる可能性があります」 - (この部分では、will なのか won't なのか、はっきりと聞き取れないところがあり、少し自信がありません。全体的な話の脈絡から判断すると、こういうことだと思うのですが・・・)。

「ムンクはこの作品を描いたときに、額に、『自然が私の血の中で叫んでいた』と書きました。こうした感情は、彼のすぐれた作品を見た何百万人も人々の心に響きました。しかし、このバージョンを今後も何百万人もの人々が見られるかどうかは、分かりません」
関連記事

Tag:英語の.ニュース


スポンサーリンク


コメント 2

ヒロさん  2012, 05. 12 (Sat) 09:24

thesis, theses

こんにちは。ギルモアガールズのファンです!ビデオは、cartoons, theses (pl. of thesis) and knock-offs.かもですね。

編集 | 返信 |  

Applecheese  2012, 05. 12 (Sat) 21:12

ヒロさん

ありがとうございます。確かに、theses に聞こえますよね。実はそうではないかと思っていたのですが、自信がなかったので一応、分からないということにしていました。

theses がマンガや安い偽物と同列に並べらるのもおかしいような気もしていたのですが、そう聞こえるという意見を聞いて、「それもありか」と思えてきました。考えてみたら、自分の大学の時の卒論は、確かにマンガかまがい物のようなものだったので・・・。

ギルモアガールズのファンの方からのコメントは初めてだったので、うれしいです。私はセカンドシーズンの途中まではDVDを見たのですが、その後、時間がなくてストップしています。見れば記事のネタも見つかるので、また復活させたいと思っています。

編集 | 返信 |