以下では、ニューヨークの街頭で、いろんな人に、今は「第二次大恐慌」(the second great depression)だと思うか・・・と質問しています。

ニューヨーカーは早口な人が多いと聞きますが、この中の何人かは、確かに早口だと思います。繰り返し聞き取ろうとしていますが、自信の持てない部分がいくつかあります。


最初にインタビューされている人は、最後に but I wouldn't say that these all is the Great Depression. と言っているように聞こえますが、these all で合っているでしょうか?

2人目は、「大恐慌以降では最悪の状態ですよ。おそらく第二次大恐慌です。将来、第二の大恐慌と呼ばれるでしょう。」 - 「なぜ今そう呼ばれていないのですか?」 - 「さあね。大恐慌が起きていた時、人々はそれを大恐慌と呼んでいましたか?」 - 「たしかに」

3番目の人が、私は一番聞き取りにくいです。次のように聞こえるのですが・・・。Yeah, they don't want to use the word, the big d-word, depression, because everybody is afraid that once depressions happens everybody can hold their money. And we've been taught ****ly to spend, to spend, to spend, to spend. So stop spending because of depression, then *** *** getting worse, so they don't want that to happen. これに対するインタビュアーの締めくくりの反応は、「こうして私たち(の時代)は、歴史書で公式に恐慌と呼ばれるようになる・・・ということですね」という感じでしょうか。

最後の人は、「私たちは、やり方を間違っていると認めるべきです。そうすれば、すべては自然に解決しますよ」ということでしょうか(everything else will take care of itself かどうか、特に最後の方が自信がありません・・・)。その後は、「いつになったら終わるでしょうか?」 - 「間違いを認めたら、すぐに」 - 「ははは。問題があるときには、それを認めなければならない。いつだって、それが最初のステップだ・・・ということですね」と会話が進んでいます。

まとめは、「私たちが今、第二次大恐慌を経験しているのかどうかは別として、これが終わるまで、この状況をそう呼ぶだけの勇気のある人はいないでしょう」という感じです。
関連記事

Tag:動画.ニュース 動画.Resident


スポンサーリンク


コメント 4

ヒロさん  2012, 05. 12 (Sat) 11:42

strictly / the things are

またまた失礼します。私の空耳では、we've been taught strictly、the things are getting worse に聞こえました。違ったらゴメンなさい!

編集 | 返信 |  

Applecheese  2012, 05. 12 (Sat) 21:22

ヒロさん

ありがとうございます!strictly、確かにそう聞こえます。the things are getting worse も、納得です。こういう早口を聞き取るのは苦手なので、助かりました。。

編集 | 返信 |  

passerby  2012, 06. 25 (Mon) 21:21

ヒアリング

私には以下のように聞こえました。

(1)I wouldn't say that all these areas are in the Great Depression.
(2)We've been taught so shrinkly to spend...

編集 | 返信 |  

Applecheese  2012, 06. 26 (Tue) 19:48

passerbyさん

ありがとうございます!確かに、そういわれてみると、どちらもそのようにも聞こえる気もします。今度機会があったら、アメリカ人講師に聞いてもらおうと思います。

編集 | 返信 |