直訳すると、「鐘楼(しょうろう)にコウモリがいる」という意味になる英語のイディオムを見かけました。have bats in the belfry、または、have bats in one's belfry です。イディオムとしての意味は、「頭がおかしい」「気が狂っている」です。

belfry(ベルフリー)が、「鐘楼」 です。鐘楼とは、教会の鐘が取り付けられている塔のことです。ただし以下の説明を読むと、belfry は、厳密には塔としての鐘楼全体というより、鐘楼の最上部分ということになります。

The belfry of a church is the top part of its tower, where the bells are.(コウビルド英英辞典 より)

このイディオム、have bats in the belfry は、イメージとしては、人の体の一番上にある頭を、鐘楼の一番上にある belfry にたとえているのだと思います。

have bats in the belfry を THE FREE DICTIONARY で調べてみたら、"to be crazy" という短い説明があり、その後に "old-fashioned" と書かれていました。つまり、「古くさい」表現のようです。

実は、この表現を見つけたのは、子どもの頃に見たアニメ 『あらいぐまラスカル』 の原作、”Rascal” の中です。この本の初版は1963年のようですが、話の時代設定は、1918年5月に、主人公のスターリング少年があらいぐまのラスカルに出会うところから始まっています。なので、多少古くさい表現が出てきても、確かにおかしくはありません。

この本は、しばらく前に買っていたのですが、なかなか時間がなくて読むことができず、ようやく少しだけ読み始めたところです。11ページほどある第一章の中で、have bats in one's belfry 以外にチェックした主な単語や表現を列記してみると・・・

unweaned 乳離れしていない、離乳していない / scruff 首筋、うなじ / litter 一腹の子 / walnut クルミ / prow へさき、船首 / licking むち打ち、なぐること / lair 動物の巣、穴 / draw straws (わらを使って)くじびきする / whittle (木などを)ナイフで少しずつ削る / nurse (乳房から)乳を飲む

・・・といったところです。他にも、ここでは省略しましたが、いろんな動植物の名前も出てきています。

この本の中から紹介したい単語や表現が出てきたら、また記事を書くかもしれません。・・・あまり期待しないで待っていてください(Don't hold your breath!)。


関連記事

Tag:本.小説 英語の.慣用表現 英語の.単語


スポンサーリンク


コメント 0