in the buff は、「素っ裸で」 という意味です。


これからは裸で歩き回れなくなるのよ


裸で歩き回ったおぼえなんかないんだけど

buff(バフ)の元々の意味は、(牛・水牛の)「黄褐色のもみ革」のことだそうです。気がついた人もいるかもしれませんが、buff という単語は、「黄褐色のもみ革」を取るための buffalo に由来しています。

in a t-shirt(Tシャツを着て)や、in shorts(短パンをはいて)など、「in ~」 で 「~を着ている」 ことを表現する場合がありますが、in the buff では、buff は人の素肌の意味で使われています。牛にとっての革は人間にとっての皮膚だし、色が近いことも影響しているかもしれません。

何も着ていないことを「何かを着ている」というパターンで表現すること自体、一瞬意外に聞こえるので、言葉あそびの要素があると思います。同じく「素っ裸」という意味の、birthday suit という言い方も思い出します(→ 関連記事)。

金属の表面などに光沢を持たせる「バフ仕上げ」という仕上げの方法がありますが、これは、牛のもみ革(buff)でこすって光沢を出したのが由来です。

buff という単語の意味として、もう1つ、辞書に出ているものがあります。それは、「~狂」、「~ファン」という意味です。「~おたく」とも言えます。

You use buff to describe someone who knows a lot about a particular subject. For example, if you describes someone as a film buff, you mean that they know a lot about films.(コウビルド英英辞典より) 

この説明の後半は、「映画おたく」ですね。この「おたく」の意味も、牛のもみ革の意味から発展して生まれたものです。20世紀初頭のニューヨーク市には、buff の色のユニフォームを着たボランティアの消防団員いたのですが、彼らは消防団員としての活動に非常に熱心だったので、何か特定の分野に対して「非常に熱心な人」(enthusiast)のことを buff と呼ぶようになったそうです。

最後にもう一度、話を裸に戻すと、in the buff や birthday suit に加えて、skinny dip(裸で泳ぐこと)や、stark naked(完全に裸で)という表現も思い出します。
関連記事

Tag:海外ドラマ.ギルモア・ガールズ 英語の.慣用表現 英語の.単語


スポンサーリンク


コメント 0