おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

couldn't care less(まったく気にしない)の過去形


半年ほど前に、「would like to の過去形」というタイトルの記事を書きました。『アルプスの少女ハイジ』 の原作のHeidi の易しめの英訳本を読んだときに、would have liked to という表現が使われているのを見て、なるほど、これは would like to の過去形だな・・・と思ったときのことでした。

それと同じようなパターンで、今度は、couldn't care less という表現の過去形を見かけました。couldn't care less は、「まったく気にしない」という現在の状態を表す表現ですが、その過去形です。想像はつくと思いますが、couldn't have cared less です。「まったく気にしなかった」、「まったく気にしていなかった」という意味です。

見かけたのは、映画 『アラバマ物語』 の原作の小説、To Kill A Mockingbird の中でです。この小説は、スカウトという名前の小学生の女の子の視点で語られているのですが、その冒頭の1ページ目に、兄が左手に負った怪我の描写があって、本人はその怪我のことをまったく気にしていなかった・・・と書かれているのです。

He couldn't have cared less, so along as he could pass and punt.

「(フットボールで)パスやパントができる限り、(怪我のことは)まったく気にしていなかった」・・・ということです。

ところで、私はこの To Kill A Mockingbird を5~6年前に初めて読み、その後、昨年の秋頃にも読み直しました。

1回目に読んだときは、主に語り手であるスカウトの視点で読んでいた気がしますが、去年の2回目は、兄のジェムの心の動きや、父親である弁護士のアティカス、あるいは他の町の人々、さらには1930年代から1940年頃と思われる時代のアメリカの人種差別などを含む社会問題について考えながら読むことができました。いい本なので、おすすめです。

私は普段、技術系やビジネス系の文書の翻訳の仕事をしているのですが、仕事で英文を読むことは多くても、そればかりだと would have liked to や couldn't have cared less のような言い回しは、ほとんど見かけません。そういう意味では、やはりもっと本を読まなければ、と思います。

関連記事:
『アラバマ物語』(To Kill a Mockingbird) 
would like to の過去形
乗っていきなよ!(couldn't care less が出てきます)
全然気にしない(couldn't care less)
関連記事


トラックバック

コメント

Appecheeseさんのような人でも
読書がもっと必要と感じていらっしゃるんですね。

ならば、私もさらに読書(多読)に励まないと!
と感じさせられました。
  • 2011-07-12│21:48 |
  • bibinba URL│
  • [edit]
bibinbaさん

はい。これまでに英語で読んだ本の数は両手の指で数えられる程度なので、まだまだ足りないと思っています。無理せず気楽に読めそうな本を探して、読んでいきたいと思っています。
  • 2011-07-13│11:23 |
  • Applecheese URL
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索