いろんな替え歌やミュージックビデオのパロディで有名な Weird Al Yankovic(ウィアード・アル・ヤンコビック)の映像を紹介します。私は、彼がマイケルジャクソンのBeat Itのパロディで Eat It を歌っていたのは知っていましたが、その後の活動については、ほとんど知りませんでした。しかし、最近では、Lady Gagaの替え歌も歌うなど、いろいろ頑張っているようです。

以下は、アヴリル・ラヴィーンの実際のインタビュー映像を編集して、あたかもアル自身がインタビューしているかのように見せています。私はアヴリルが話しているのはプロアクティブのCMでしか見たことがなかったので、新鮮でした。


[0:23~] (AL) ラヴィーン、ラヴィーン、・・・ユダヤ系のいい名前ですね。ユダヤ人なんでしょ? - (Avril) 「・・・」 - (AL) これまでのご成功、Mazal Tov!(←ヘブライ語のCongratulation) (注: ユダヤ系の名前というのはもちろんデタラメです)

[0:59~] (Avril)コンプリケイテッドがまだ発売前だったのに、ライブで演奏したら、ステージの上の多くの人が歌詞を全部知っていたんです! - (AL)それって、バンドの人のこと? - (Avril)何のバンド?

[1:14~1:53] ※この部分はカナダ人独特の言葉遣いの話ですが、"I don't think what country I live in is really gonna affect what I have to write about." の about がおかしいのかどうか、私にはよくわかりません。また、「高校生の時に友達を○○と呼ぶのが好きだった」の、○○の部分が聞き取れません。YouTubeのコメント欄には、heus と書いている人がいますが・・・。

[2:19~2:31] ブリトニーとヒトラーのどちらがより嫌いかと聞かれて・・・ (Avril)誰が嫌いなのかははっきり分からないけど、でも私が嫌いなのは、・・・嫌いなのは、誰だか分かりません。でも、何て言うか、・・・ああ、分からなくなっちゃった。

[2:56~] (AL)なるほど。ビレッジ・ピープルですか。とってもパンクですよね。(Avril)どうでもいいけど。 

[3:04~] (AL)まだカナダに住んでいるのですか? - (Avril)今は、文字通り「スーツケース暮らし」なんです。 - (AL)そうですか。文字通りの「スーツケース暮らし」ですか、文字通りの。毎日家に帰ってスーツケースに入り、スーツケースで暮らしているんですか。たぶんその中は、ひどい臭いなんでしょうね。 - (Avril)そう、本当にクソよ、クソみたいなの。

live out of a suitcase - to stay very briefly in several places, never unpacking one's luggage(THE FREE DICTIONARYより); 「旅行かばんの中の身のまわり品で生活する」「居場所を定めずに暮らす」「各地を転々とする」

[4:15~] 芝生の自動スプリンクラーのものまねをやってください。 - ドロップ、ドロップ、ドロップ・・・

[5:01~] ところで今日の朝食は何を食べましたか? - ナチョス。でもチーズをのけなきゃならなかった。 - どうしてお金を払って誰かにやらせないんですか? - ブブッ(笑)。

[5:11~] 僕のニューアルバム『プードル・ハット』、聞いてくれた?どう思う? - 大笑いして、パンツの中にちびっちゃった。でも、馬鹿げているとも思うけど。

[5:38~] 話のネタがなくなってきました(draw a blank)。他に何を聞いて欲しい? - 私のお尻の割れ目(butt crack)についての、馬鹿げた質問。 - いいですよ。じゃあ、お尻の割れ目は大きいんですか、小さいんですか? - そうねえ、平均的。

draw a blank - to be unable to get information, think of something, or achieve something(THE FREE DICTIONARYより); 思い出せない発見できない

最後の Oh yeah, I'll give you my clothes so you can put them up there. は、実際には、どこかに飾るからもらえませんか・・・という要望にでも答えたものだったのでしょうか。これの使い方も含めて、全体的に、うまく作られていて感心してしまいました。
関連記事

Tag:英語の.慣用表現 コメディ


スポンサーリンク


コメント 0