上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク



夏休みに空の旅をする人も多いと思いますが、今日は、空の旅が思い浮かぶ曲を2つ紹介します。1つ目はパリ行き、2つ目は、ニューヨーク(経由?)、ロサンゼルス行きです。


これは、嫉妬の歌ですね。始めの方(0:29)に出てくる knock someone up は(女性を)「妊娠させる」です。フランスに行ってノミ(flea)に食われたり、トイレが詰まって流れなかったり(not flush)、あとは部屋が臭かったり、人々が不親切だったり、サービスが遅かったりすることを祈っている・・・と言っています。この曲には出てきませんが、妊娠させるという意味では、impregnate という単語があった(→関連記事)のを思い出します。

learn one's lesson は、「教訓を得る」や「失敗から学ぶ」、the prodigal son は、「悔い改めた(更生した)放蕩息子」という意味です。bienvenue はフランス語で「ようこそ」で、Eiffel tower はエッフェル塔です(英語の発音はアイフル・タワー)。throw in the towel はボクシングが由来のイディオムで、「降参する」という意味です。put trust in~ は、(人・物を)「信頼する」で、turn your back は、ここでは「無視する」ということです。

ちなみに、この曲の中で私が好きな部分の1つは、一番最後の、地獄行きフライトの搭乗案内のアナウンスのようなところです。

さて、次はニューヨーク(JFK)とロサンゼルス行きです。実はこの曲、シングル版は短くて、JFK行きの便のフライトアテンダントの描写が出てこないのですが、YouTube動画もほとんどそればかりで、以下のアルバムバージョンを探すのに苦労しました。ただ、あったのは良かったけど、画面の歌詞は、ところどころに間違いがあります。


空港や飛行機が思い浮かぶ曲を集めただけのつもりでしたが、1曲目がシャキーラで、2曲目にシャキーラに似ていると言われる場面が出てくるというのも、ちょっと面白い偶然でした。
関連記事

Tag:英語の.慣用表現 英語の.単語 音楽.Shakira 音楽.MarinaAndTheDiamonds


スポンサーリンク


コメント - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。