以下、動画で言っていることを訳してみます。

経験のある人なら、特に今のような労働市場の中で不採用通知の手紙を受け取るのが、どれだけ落ち込むことか分かるでしょう。

しかし、「紙を破ると大笑いする赤ちゃん」という600万回近く見られている話題の動画(viral video)に登場した赤ちゃんの父親は、自身が受け取った不採用通知が息子を楽しませたことに驚きながら、元気づけられたそうです。

マーカス・マッカーサーさんはアメリカ史専攻の博士候補ですが、ある仕事に応募したところ、不採用の通知を受け取りました。しかし8か月の息子のマイカくんが、手紙を破るたびに大笑い(belly laugh)するのを見て、気分を晴らすことができました。

マッカーサーさんは、つらい状況の中でも息子が笑うのを見るのは、「本当に元気づけられた」と語っています。

この大人気の動画に感じられた予想外の楽観的な気分は、長続きするかもしれません。というのも、労働省の金曜日のレポートによると、今月の失業率は過去2年間で最低の8.9%となっているからです。


・・・というわけで、以下は、その大笑いする赤ちゃんの動画です。

関連記事

Tag:英語の.ニュース


スポンサーリンク


コメント 2

bibinba  2011, 05. 03 (Tue) 10:51

Applecheeseさん、すごい!
どこで、こんな動画を拾ってくるんですか?
なんだか、とてもHappyな気持ちになりました。 ^^
感謝です!

それと「人生台なし」の記事で

>teenager は、13歳から19歳までです。ten, eleven, twelve は、つづりの中に teen が含まれていないので、teenager ではないということです。

という説明で
おぉ~~!なるほど!!!と感激していると。。。。。
なんと!この説明に感動している自分のコメントがありました。 ^^;
スッカリ忘れてしまっていたことに
正直へこんでしまいました。

一から出直します!

編集 | 返信 |  

Applecheese  2011, 05. 03 (Tue) 20:47

bibinbaさん

最初の動画をたまたま見て、それから検索して見つけたのですが、本当にハッピーになれる映像ですよね。

私自身も、この記事と映像のことを忘れかけていたので、また思い出せてよかったです。

「人生台なし」の記事の子どもたちの歌う映像も、いやされますよね!

編集 | 返信 |