おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


算数の問題


以下は、「実生活に役立たない算数の問題」というテーマについて語っています。ただ私には、出てくる算数の問題よりも、この人(ナタリー)の早口でしゃべるところの聞き取りの方が難しいかもしれません。一応訳してみましたが、聞き違いで訳が違っている部分も、もしかしたらあるかもしれません。

こんにちは。学校で出された馬鹿げた算数の問題を覚えていますか?あれって、なんの意味があったんでしょう?「あーあ、今何時?」 - 「6時間前は、真夜中の3時間前の2時間後でした」 - 「最低!」。実生活では、みんな最初から答えを教えてくれますよね。

こんな場面を想像してみてください。「来てくれてありがとう」 - 「こちらこそ、呼んでくれてありがとう」 - 「妹のアナよ」 - 「そう、いくつ?」 - 「私はアナより5つ年上です。10年後、アナの年齢は私の年齢の半分になります。さて、アナは何歳でしょう」 - 「あのねえ、それ本当にやめてよ」。

でも本当に、そんなことができても、使う機会がありますか?「ほら見て、1つの角度が分からず、残りの2つの角度が分かっている三角形があるわ!さあ解きましょう!」 - (三角形が何と言っているのか分かりません!)。


私が一番好きな実生活に決して役立たない問題は、これです。「人の名前が全然覚えられないの」 - 「それ、わかるわ。イライラするのよね」 - 「握手した人が何人かもわからない」 - 「ああ、それなら、あなたが来たときにはすでに8人がパーティーに来ていて、それぞれがちょうど1回ずつ握手をしていました。9人目のあなたが来たとき、あなたはみんなと握手をしました」 - 「あのねえ、それだからあなたボーイフレンドができないのよ」 - 「ぼくがボーイフレンドになってあげるよ!」。

でも正直、私は学校で習ったことを1つも実生活に使ったことがありません。いつも知らない人からキャンディーをもらっているし、そういうのに限って一番おいしいんです。コートの大きなポケットに山ほど詰め込んできます。というのは冗談ですが、私自身、ひがんでいるのかもしれません。うちに子どもが来たときに、昔のように問題を解けなくなっていて、いつもグーグルで調べています。そうそう。みなさんにも問題を1つ出したいと思います。

私は今、空想の車を運転しているところです。空想のマニュアル車です。もし私が運転していて、目的地までは120kmあり、私はこれまで時速40kmで2時間走り続けてきたとします。目的地に着くまであとどれだけかかるでしょうか?

・・・この後、3つの選択肢が画面に現れるので、正解と思うものをクリックしてみてください。正解すると、特典映像(?)が見られます!
関連記事


トラックバック

コメント

三角形のセリフ
前半が難しいですが、多分・・・
You better, or Imma kill you.
(正しい文法ではYou'd better, or I'm going to kill you.)ではないかと思います。
むしろ他の部分が早くて聞き取れません・・・。というか込み入ってて話についていけない・・・・・。
Screaming Bunnyさん

ありがとうございます。さすがですね。納得です。ネイティブ講師にも聞いてもらったら、やはりそのように聞こえると言っていました。他のところは、やっぱり算数の問題形式のところがややこしいですよね。
  • 2011-02-22│22:12 |
  • Applecheese URL
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。