おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

riot(暴動)・・・+面白い人、大笑いのもと


英語の勉強をするときに、riot(ライオット) の意味として最初に覚えなければならないのは 「暴動」 ですが、以下の話の中では、ジェニファー・ロペスが、「面白い人」「面白いこと」(大笑いのもと) という意味で、1回ずつ、riot という言葉を使っています。

話は、J.LOが今シーズンから新たに審査員として参加しているアメリカン・アイドルについてです。

0:26あたりでは、一緒に新しく審査員になったエアロスミスのスティーヴン・タイラーのことを riot(面白い人) だと言っています。


インタビューしている側のエレン・デジェネレス自身も昨シーズンは審査員だったので、審査員の先輩みたいな気持ちで話している感じがします。J.LOは、若い人たちにアドバイスできるのがやりがいがあって楽しいと言っていますが、エレンは、地方予選を回るときには歌の下手な人や、実際にはそこにいるべきでないような人もいて、やっててしんどいのでは・・・と尋ねたりしています。

2:26あたりでは、参加者を審査する過程でおかしなこともあり、笑えること(riot) もあるから放映が楽しみだと言っています。

その後の会話では、司会者の Ryan Seacrest と相性が良くないのではとうわさされたことについて、面白がって話しています。

riot の 「面白い人・こと」 という意味の説明を THE FREE DICTIONARY で調べてみたら、"An irresistibly funny person or thing" とのことでした。

ちなみに、今シーズンのアメリカンアイドルの従来からの変更点については、以下で紹介されています。


ところで、よく考えてみたら、これまでにも、好きな歌手や歌を紹介するときに、アメリカンアイドルの映像をいくつか使ってきました。以下はそうした過去の記事へのリンクです。

シーズン9のCrystal Bowersox
シーズン9のHope Johnson が歌う "I Hope You Dance"
Carrie Underwood / Kellie Pickler / Kristy Lee Cook / Jordin Sparks
関連記事


トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索