少し前に、鳥や魚の大量死のニュースの動画を紹介しましたが、今回の以下の動画は、その話をきっかけとして、絶滅する生物種のことについても考えよう・・・という話の流れになっています。

0:11あたりからの "We give you the low-down on the mysterious mass die-offs of 2011." の low-down は、「秘密情報」「重要な情報」という意味です。

If someone gives you the low-down on a person or thing, they tell you all the important information about them. (コウビルド英英辞典より)

最初に触れているアーカンソーの blackbirds の大量死については、a-flock-a-lypse と呼ばれていると言っていますが、これは、apocalypse(黙示録、世界の終わり) に引っかけて作られた呼び名です。


0:40 あたりからは、「これまで、これらの大量死を互いに結びつける説は1つも提示されておらず、鳥は花火、魚やカニは異常低温が原因で死んだのではと推測されている」・・・と言っています。そして、なぜこれだけ騒がれるのかということについては、テクノロジーのせいだとハーバード大学の著名な生物学者が言っている・・・と紹介しています。つまり、インターネットや携帯電話によって人々がより多くの現象に気がつき、それらを結びつけようとしているからだ・・・ということです。

1:17 あたりからは、種の絶滅の話になります。「大量死が注目を集める一方で、より大規模でゆるやかな、何千種類もの生物種の大量絶滅には、あまり目が向けられていません。マザー・ネイチャー・ネットワークが作成した 一覧図 によると、過去500年間に900種類の動植物が絶滅し、現在さらに1万種がこのリストに含まれる危険があって、その被害の大部分は最近の100年間に起きています。」と言っています。

生息地の減少(habitat loss)密猟(poaching) によって最も絶滅の危機にあるのは、トラ、マウンテンゴリラ、ジャワサイ(Javan rhinos) だそうです。一方、ホッキョクグマは気候変動に追い詰められ、クロマグロは寿司好きの人々に 平らげられ(devoured)、受粉と生態系全体の維持に欠かせないミツバチは、「蜂群崩壊症候群」(Colony Collapse Disorder)によって大量死しています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ちなみに、私が「可能ならばよみがえって欲しいと思う絶滅生物」は、ステラーカイギュウです。
関連記事

Tag:動画.Planet100


スポンサーリンク


コメント 0