私が仕事で触れることの多い機械などの技術的な専門用語の英単語の中には、専門用語としての意味以外に、もっと一般的な意味や、人文・芸術系の違う意味のあるものが結構あります。そういうのを新たに知ると、知識が増えてうれしいのと同時に、まだまだ勉強すべきことが多いなあと思います。

impregnate(インプレグネイト)は、工業用語としては「含浸させる」です。例えば、木材などに何らかの機能を持つ薬品を染みこませて定着させる・・・というような処理が、impregnation(含浸)です。

If someone or something impregnates a thing with a substance, they make the substance spread through it and stay in it.(コウビルド英英辞典より)

これを読むと、impregnate A with B で、「A(木材やその他の素材)にB(薬品や樹脂など)を含浸させる」という使い方であることが分かります。

その impregnate には、もう1つ別の意味があります。「妊娠させる」です。

When a man or a male animal impregnates a female, he makes her pregnant.

以下は、ドラマ 『ギルモア・ガールズ』 の中の1シーンですが、「私にローリーを妊娠させた男、そうよ」と言っています。これも impregnate A with B の形ですが、ここでは A=女性(あるいはメス)、B=子供です。


以下は、Thank God You're Here というテレビ番組です。俳優や有名人をゲストに招き、どんな設定かをまったく教えずにアドリブで演技させるという企画ものの番組です。シチュエーションコメディ 『となりのサインフェルド』 に出ていた Jason Alexander がゲスト出演しています。5:09 あたりで impregnate が出てきているので、チェックしてみてください。


宇宙人が宇宙船に乗り込んできたときの、You are kind of like in-laws now. は、「俺たち今じゃ義理の家族みたいなもんだよな」という感じでしょうか。「艦長、頭の中の考えで戦ってください」と言われて、「このズボンにチャック(fly)があったらいいのにと真剣に考えているところだ」と言っています。
関連記事

Tag:英語の.単語 海外ドラマ.ギルモア・ガールズ


スポンサーリンク


コメント 0