スザンヌ・ヴェガの Tom's Diner という曲です。この人の曲と言えば Luka しか知らなかったのですが、これも有名なようです。なぜか分からないけど、つい聞き入ってしまう不思議な曲・・・という感想です。


ちょうど0:59のところの funnies の発音が、この人らしい感じです。

歌詞はほとんどが分かりやすい言葉だと思いますが、個人的には、後半でガラスの向こう側の女性がガラスに映った自分の姿を見ながら「スカートを上に引き上げている」(she's hitching up her skirt)と言っているところの hitch up という言い方が新発見でした。

If you hitch up a piece of clothing such as a skirt or pair of trousers, you pull it up into a higher position. (コウビルド英英辞典より)

以下の動画は、元の YouTube のページにあった作者の説明によると、学校の課題で作ったものだそうです。同じページには、This song scares me...とコメントしている人がいましたが、確かに私もちょっとこわい感じがしていたので、やっぱりそうなのか・・・と思いました。


英語の Wikipedia には、この曲に関するいろいろな詳細が書かれていました。
関連記事

Tag:音楽.SuzanneVega


スポンサーリンク


コメント 10

若鷹タカ子  2010, 10. 06 (Wed) 15:17

Marlene watches on the wall

こんにちは
「ルカ」は幼児虐待とかでそっちで注目されてヒットしました。
ルーリードの「Dirty Blvd」と合わせてお聞きください。そのものズバリ「New York」というアルバム収録。
スザンヌはMarlene on the wall, Crackingもいいですよ。1stアルバムに入っています。
1st、セカンドアルバム以降は聞く気がしなくなったけど。
彼女は女ルーリード、というかベルベットアンダーグラウンドが好きで英国音楽好き(私も)の人にも人気があります。
Marlene watches on the wall, her mocking smile says it all歌詞を覚えたくなるくらいの曲。
欧州出身の女優に目が向く米国人は少ないから。

ではまた
若鷹タカ子

編集 | 返信 |  

わかたかたかこ  2010, 10. 06 (Wed) 19:31

クラッキング、マレーネ~、は 2曲、別の曲デス。。。。紛らわしいdescribe, sorryデス

編集 | 返信 |  

Applecheese  2010, 10. 06 (Wed) 23:08

若鷹タカ子さん

スザンヌ・ヴェガからルー・リードにつながるとは、個人的には意外でしたが、実は私は New York アルバムのCDを持っています。Dirty Blvd、聞き直して歌詞も確認してみたいと思います。

あと、スザンヌの他の2曲もチェックしてみます!

編集 | 返信 |  

若鷹タカ子  2010, 10. 08 (Fri) 15:22

>ルー・リードにつながるとは、個人的には意外でしたが

彼女はルーリードに影響されてるのは明白なので私には自然な発想でした。

「ボヘミアンラプソディー」“VideoKilled the Radio Star”, “I Am Not in Love” の3曲について駄英文を書いてみました、お目汚しにどうぞ。(笑)
http://suzielily.a-thera.jp/article/2395154.html

若鷹タカ子

編集 | 返信 |  

Applecheese  2010, 10. 08 (Fri) 21:42

若鷹タカ子さん

よくミュージシャンが、誰の影響を受けたかということを自分で語ったりしますが、「なるほど」と思う場合もあれば、へぇ~と意外に感じることもあります。スザンヌの場合は、ルカ1曲しか知らなかったので、ルー・リードは想像できませんでした。

「ボヘミアンラプソディー」“VideoKilled the Radio Star”, “I Am Not in Love” ・・・ どれもなつかしい曲ばかりです!

編集 | 返信 |  

Screaming Bunny  2010, 10. 09 (Sat) 23:10

Tom's Diner

最初はフルバンドでやる筈が、上手くいかないので思い切ってアカペラにしたとかいう話ですね。

ずっと以前に訳して、うちのサイトにも載せてます。この曲と「ラジオスターの悲劇」は、知恵袋など数ヶ所にリンクされて、かなりのアクセスがありました。(今はURLを変えちゃったので、全部リンク切れになってますがw)
http://screamingbunny.web.fc2.com/lyrics/list.html

編集 | 返信 |  

Applecheese  2010, 10. 10 (Sun) 08:26

Screaming Bunnyさん

そう言われてみると、楽器で伴奏するのが難しそうな曲ですよね。日本語訳、いい感じですね。ありがとうございます。

編集 | 返信 |  

若鷹タカ子  2010, 10. 11 (Mon) 15:46

Screaming Bunnyさん
横レスすみません、Sヴェガの歌詞は下記のサイトで検索しました。「ラジオスターの悲劇」他2曲は別の方のサイトで検索したのはつい最近のことでしたが、
間接的にお世話になっている可能性高いですね、有難うございました。
LoveCMSの洋楽歌詞
Loveの無料洋楽歌詞検索
http://www.lovecms.com

編集 | 返信 |  

若鷹タカ子  2010, 10. 11 (Mon) 15:47

Applecheese様
Sヴェガのインタビューは「ロッキンオン」誌で読んでいたのかもしれませんが、彼女の曲を聴けばルーリードというかベルベッツの影響が大、というのは分かります。
私は米ビルボードトップ20に入るような楽曲アーティストは概ね嫌いなので、聞いていたのは殆ど英パンク・New Wave (現在はAlternativeと呼称)で、それでも近年は若いミュージシャンの音楽性の衰退を感じて興味を失っている次第。
これは映画界にも言えるのですが。
まあ嫌いな音楽映画でも少なくとも米語ヒアリングの役には立っているのですね。
自分が嫌いという感覚を譲らないだけで他の方の嗜好をどうこう言うつもりは無いのです。

編集 | 返信 |  

Applecheese  2010, 10. 12 (Tue) 21:43

若鷹タカ子さん

好きな音楽や映画については、自然といろいろ詳しくなりますよね。

これからも洋楽ネタは、新しいのも古いのも、ときどきやると思うので、また何かあったら教えてください!

編集 | 返信 |