欧米では、日本よりデンタルフロスdental floss)を使う習慣が一般化しているような気がします。私は、糸ようじのように柄が付いているのは使えますが、単なる糸のようなのを両手で持ってやるのは、慣れてなくて、うまくできません。

英語の floss は、冬に着るあたたかい生地のフリース(fleece)と語源が同じで、もとをたどれば、同じ1つのラテン語に行き着くそうです。そこであらためて、floss と fleece を辞書(コウビルド英英辞典)で調べてみました。 

floss
1. You can use floss to refer to fine soft threads of some kind.
2. When you floss, you use a special kind of strong string to clean between your teeth and gums.

1の説明によると、floss とは、「細くて柔らかい糸」のことだそうです。ちなみに、イギリス英語では、「綿菓子」のことを candyfloss と呼ぶそうです。それを知って、綿菓子の機械を思い出しました。やったことのある人、結構いますよね?機械の中で糸状の砂糖が回転していて、棒を入れてそれを絡めていくやつです。(綿菓子のアメリカ英語は cotton candy です)

これで分かったのですが、フロスって、デンタルフロスだけではないんですね。他の floss と区別するために、デンタルフロスは、ちゃんと dental floss と言った方がよさそうです。(上の2の説明のように、動詞として使うときは別ですが)

Dental floss is a type of thread that is used to clean the gaps between your teeth.

さて、次は fleece です。日本では、デンタルフロスと同様、フリースも、比較的最近になってからよく知られるようになった言葉という感じがしますが、これも英語では昔からある言葉のようです。

1. A sheep's fleece is the coat of wool that covers it.
2. A fleece is the wool that is cut off one sheep in a single piece.
3. If you fleece someone, you get a lot of money from them by tricking them or charging them too much.
4. Fleece is a soft warm artificial fabric. A fleece is also a jacket or other garment made from this fabric.

1は、「一匹の羊を覆っている毛全体」ですね。2は、「一匹の羊から、つながったままの状態で刈り取った毛全体」です。そのまま人がかぶったら、羊のかぶり物になりそうな状態のことでしょうか。3は動詞としての fleece ですが、元来は羊の毛を刈るという意味だったのが発展して、(人から)(金を)「巻き上げる」や「だまし取る」という意味になっています。最後の4が、われわれ日本人もよく知っているフリースです。

sheep
関連記事

Tag:英語の.単語


スポンサーリンク


コメント 2

若鷹タカ子  2010, 10. 01 (Fri) 12:02

なるほど

なるほど。何かどっちも「取り去る」系?ですね。
ラテン語源のもの、もっと書いて頂いたら有難いです!

脱線して申し訳ないのですが、英語学習者さんにもお教えしたいネタ
「子供が生まれたら犬を飼いなさい」
イギリスの諺らしいけど、以下原文の初めのほうしか見つからず、全文を探せません。
日本語訳は犬飼ってる人が数名引用しておられ、猫飼いの人が猫バージョン作ってたりするのですが。

Take the dog if the child is born

若鷹タカ子

編集 | 返信 |  

Applecheese  2010, 10. 01 (Fri) 22:30

若鷹タカ子さん

はっきり書かなかったので分かりにくかったかもしれませんが、一応「繊維系」のつもりでした・・・。

でもおっしゃるように、「取り去る」系にもなっていますね。これも印象に残ったので、覚える助けになりそうです。ありがとうございます。

子供ができたら何かペットを飼うというのは、いい発想かもしれませんね。すぐにではなくて、子供が少し育ってからでもいいかもしれませんが・・・。

編集 | 返信 |