a dozen、すなわち 「1ダース」 は 12個のことですが、baker's dozen(パン屋の1ダース)とは、13個のことです。以下の説明によると、12個のパンを、わざと軽くして売ったと訴えられるのを恐れたパン屋が、1個余分に追加した慣習から来ているようです。(詳しくは→こちら

from the bakers' former practice of giving thirteen rolls where twelve were requested, to protect themselves against accusations of giving light weight(THE FREE DICTIONARY より)

以下の動画では、冒頭で、「これから弾く曲は、ある日、ギリシア料理をたくさん食べたあとで思いついたものです。曲を作っていくと、いつの間にか8分の13拍子になっていることに気がつきました。なので、A Baker's Dozen という題名をつけました」と言っています。


演奏しているのは、Muriel Anderson という人です。この人の演奏の動画をいろいろ見ていたら、すっかりはまってしまいました。以下では、「ハープギター」を演奏しています。


次は、ギター1本でブルーグラスのバンド全体を再現するという試みです。


以下は、聞いたことがあると思ったら、ビートルズの Day Tripper という曲だそうです。


次の Liberty Bell March も、楽しくて好きです。これも聞いたことがありました。


最後に、少し日本の琴にも似た感じに聞こえる部分のある演奏です。『荒城の月』 から、彼女本人のオリジナル曲 『大阪』 へのメドレーです。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
※上から2番目のハープギターの曲 Lady Pamela をダウンロード購入 → Lady

※これなども、本当に琴のようです(曲は 『さくら』) → Sakura
関連記事

Tag:音楽.洋.MurielAnderson


スポンサーリンク


コメント 0