おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ソルト


7月末が期限の映画のタダ券があるので、『ソルト』を見に行こうと思っています。以下の映画紹介は、訳してみて、いい英語の勉強になりました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
(0:28~)CIAの工作員イヴリン・ソルトは、ロシアからの亡命者オルロフからロシアのスパイだと名指しされると、身を隠します。長年の訓練と危険な任務で鍛えられた彼女は、トップレベルの追っ手に走り勝ち、頭脳戦でも負けません。しかし、ソルトはなぜ立ち止まらないのでしょうか。彼女はニューヨーク市を訪れるロシアの大統領を暗殺しようとしているのでしょうか、それとも、暗殺計画の裏側にある真実を明らかにして、自身の容疑を晴らす(exonerate herself)のでしょうか?彼女はロシアの潜伏スパイで、アメリカ国内で一生をかけて任務を果たすときを待っていたのでしょうか?ソルトは多くを語りません。表情からも、何をしたいのかはほとんど分かりません。CIAも、彼女を止めるstop her in her tracks)ことはできません。

ソルトが行動を進める中で、単なる暗殺をはるかに超えた恐ろしい計画の存在が見えてきます。他のスパイ映画と同様、結末は予想することができます。スパイが味方できる可能性のある相手は、結局は2つのうち1つしかないのです。しかし、アクションシーンが巧妙かつ大胆に進む(develop deftly and decisively)中で、見る者は次に何が起こるのか、目を離すことができません。


リーブ・シュライバーは、ソルトのパートナーのCIA工作員テッド・ウィンターの役で、ソルトの行動に困惑するようすを演じています。しかし、この映画の最大の見どころは、他でもないアンジェリーナ・ジョリーが演じるイヴリン・ソルトです。ジョリーはアクション映画の経験が豊富で、格闘シーンとスタントを得意としています。「今のスタントチームとは10年間仕事をしているので、家族のようなものです。だから彼らは、私よりずっと緊張するようで、私が窓から出て出っ張り(ledge)に足をかけようとすると、最初に『おいおいおい、ちょっと待った』という声がかかります。彼らは私の命綱や安全装置を確実にチェックしてくれます。チームが橋から飛び降りていいと言えば、私はそれを信じます」

ジョリーはまた、この映画に重厚な雰囲気(gravitas)をもたらしています。本来は男性が演じるはずったソルトの役を演じる彼女は、超一流のスパイに、手に負えない女という要素を吹き込んでいます。美しいけれどもセクシーではなく、むしろ中性的(androgynous)です。確信に満ちた行動で、目的に向けて一直線に進みます。

フィリップ・ノイスの熟練した技術が、カメラの裏側で存分に発揮されています。アクション・シーンは、冷戦時代のスパイ映画をほうふつとさせ、古典的な殴り合いや蹴り合いはスリリングで虚飾がありません。感情移入や思いやり、寛大さの入り込む隙は一切ありません。これは、見る者を刑務所送りにするのではなく、一撃で射殺する夏の映画(flick)です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
この動画のナレーションの英文スクリプトは、http://www1.voanews.com/english/news/american-life/Angelina-Jolie-Adds-Spice-to-Salt-99246874.html で見ることができます。
関連記事


トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。