おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

ホットな巡査部長


以下は、1977~83年に放送されたアメリカのドラマ、CHiPs のパロディです。CHiPs は、カリフォルニア・ハイウェイ・パトロールの白バイ警官を主人公とするドラマシリーズで、日本語のタイトルは 『白バイ野郎ジョン&パンチ』 です。以下のパロディは、コメディ番組 MADtv の中で2002年に放送されました。

「なあパンチ、オレの筋肉、どうだ?」 (bicep は”二頭筋”)
「セクシー(foxy)だぜ。オレのはどうだ?」  「セクシーだぜ」
「制服、もっときつけりゃいいのに」  「オレみたいに、子供サイズのを買えよ」
「そりゃ、セクシーそうだな」  「***、常識だからな」 (←前半が聞き取れません)
「ギャルたちは、ピチピチのベージュのポリエステルに目がないからな!」

「今夜は、満月のようだな」  「あの最後尾車両なら、乗ってもいいな」
「パン屋を呼べよ、丸いのが焼けたって」
「サルベーションアーミーを呼べよ、彼女のトランクはがらくたで満杯だから」
「医者を呼べよ、処方箋を彼女の・・・(病気の名前が)思いつかない」
「いいケツしてるよ!」

「ねえちゃん、名前は?」  「ダスティ・ロンゴ。新任の巡査部長よ」
(ひとしきりの笑い)
「女が巡査部長?台所でも掃除してた方がいいんじゃないの?」
「パンチ、ジョン、この人は本当に巡査部長なんだ」
「さあみんな、仕事に戻って」  「さあみんな、仕事に戻るんだ」


「オマリーの言うことなら聞くのに、なぜ私の言うことは聞かないの?」
「悪いけど、オマリーは男だから」  「それは男女差別だわ」
「女は誉められるのが好きだと思ったけど」  「いいおっぱい(rack)しているな」
「ありがと」
「まず第一に、今のはとても失礼よ。それからね、私のは本物だから。・・・いずれにせよ、私が来たからには、これまでとは違うわよ。私は現場で引っ張るタイプなの。あなたたちは私の下で、息をつく余裕もなくなるはずよ。音を上げるまで、激しく乗りこなしてあげるわ。途中でやめたりもしない。あなたたち、夜通し帰れないわよ。きっと爆発したくなるでしょうね。それでも私は、満足するまでやめないわ。どう、ついてくる気がある?」

(自転車泥棒を撃退し、署に戻ってから)
「いいチームワークだったじゃない。いい3人組ね」
「俺たちも、気がついたことがあるです」
「そう。セクハラは自転車泥棒と同じようなものだってね。違うのは、自転車の代わりに人の尊厳を奪っているってこと」
「尊厳を奪って、逃げようとしているようなものです」
「うまいこと言ったもんだな。そう言えば、この自転車、証拠として保管しておくから」
「ねえオマリー、いいラックね」(先ほどの rack = おっぱいに掛けて)
「ガハハハハ・・・」
「でも本当に、男であなたみたいに巨乳な人、初めて見たわ」
「ガハハハハ・・・」

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
この動画を見つけたきっかけは、火曜日の記事で紹介した映画 『ザ・ウォーカー』 です。『ザ・ウォーカー』に出ていた女優、ミラ・クニス(この動画では巡査部長)をYouTubeで検索して、引っ掛かりました。順番が逆で、こっちを見てから映画を見たら、妙なところで笑っていたかもしれません・・・。

MADtv のパロディやコントは、これまでにもいくつか紹介してきました。見てみたい人は、こちらでどうぞ。
関連記事


トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索