おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

似ている人


先週の英語レッスンで、「~に似ている人」「~の生き写し」という意味で dead ringer という言い方があると知りました。

dead は「死んでいる」ではなくて、「完全な」という意味と考えてよさそうです。辞書によると、dead なしの、ただの ringer だけでも「似ている人」という意味で使われるそうです。

If you say that one person is a ringer or a dead ringer for another, you mean that they look exactly like each other. (コウビルド英英辞典より)

では ringer そのものは、なぜそう言うのでしょうか? それは私にも分かりませんが、もしかしたら関係があるかもしれないと思っているのが、ring a bell(心当たりがある、ピンと来る)という言い方です。ある人に似ている人を見つける瞬間の、見た目に心当たりがあるような感覚は、何かの話や名前を聞いて心当たりがあるときの感覚に似ている感じがするからです。

If you say that something rings a bell, you mean that it reminds you of something, but you cannot remember exactly what it is.

ところで、「似ている人」を表す他の言い方では、spitting image があります(この曲の歌詞に出てきます)。

あとは、子どもが親(特に、息子が父親)に似ている場合は、子どものことを chip off the old block と言いますが、この場合は見た目だけでなく、行動パターンなどが似ている場合にもよく使われます。chip off the old block は、直訳するなら、(大きな)かたまりから出た小さな破片・・・という感じです。

If you describe someone as a chip off the old block, you mean that they are just like one of their parents in character or behavior.

関連記事


トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索