ネルソン・マンデラ氏はかつて、「生きることの最大の栄光は、一度も倒れないことではなく、倒れたら、そのたびごとに起き上がることにある(lies in)」と書いたことがあります。これは、アパルトヘイト(apartheid)と戦い、勝利を収めた南アフリカのことをとてもうまく表した言葉(apt way to describe)です。ワールドカップの開催地として、南アフリカは今また、国際的な大舞台に復帰するチャンスを得ました。金曜日に始まった競技には、世界中から30万人の観客が訪れると予想されています。

しかし、スタジアムの照明とは裏腹に、この国はまだ多くの問題を抱えています。南アフリカ国民の約40%は貧困層で、労働可能な人口の4分の1は失業状態です。犯罪が横行し(is rampant)、500万人以上がHIVに感染しています。訪問者の大部分は、南アフリカのこうした部分は目にすることはありません。ホームレスや街頭の物売り(street vendors)は、ワールドカップ前に退去させられた(swept aside)と伝えられています。それでも、ワールドカップはこの国を団結させ、雇用を生み、投資を呼び込むのに役立つと言います。そして、それこそが応援するのに値するゴール(goals worth cheering for)なのです。
関連記事

Tag:英語の.ニュース 動画.ニュース 動画.KatieCouric


スポンサーリンク


コメント 4

smile  2010, 06. 18 (Fri) 18:37

こんにちわ

このブログでいつも勉強させていただいてます。ありがとうございます。
初めの8秒間の英語がとても難しかったです。
起き上がる=raising でしょうか?
~にある=lies in
この2つがごちゃごちゃに聞こえてきて全く意味がわかりませんでした。
日本語訳、本当に助かります。
ありがとうございました。

編集 | 返信 |  

Applecheese  2010, 06. 18 (Fri) 23:11

smileさん

いつもありがとうございます。お役に立ててうれしいです!

最初の部分、私も最初は何度もよーく聞き直すまで、分かりませんでした。

... glory in living lies not in never falling but in rising every time we fall

と言っていますが、in と ing がどんどん重なるから、こんがらがりそうです。

編集 | 返信 |  

smile  2010, 06. 19 (Sat) 14:43

ありがとうございます。

英文を載せてくださったので、すっきり理解できました。

しかも、
raise ではなく、 rise ですね。
~を上げる ではなく、上がる ですね。
この違い(他動詞と自動詞の違い?)をすっかり忘れていました。

英語って難しい、でも面白いです。

これからも訪問します。
ありがとうございました。





編集 | 返信 |  

Applecheese  2010, 06. 20 (Sun) 09:38

smileさん

そうですね。raise じゃなくて rise です。ちなみに、倒れる(fall)と起き上がる(rise)は対にして使われることが多いですね。

編集 | 返信 |