イギリスに里帰りしていた英語講師が、1週間前に日本に戻ってきたので、今日久しぶりにレッスンを担当してもらいました。本当は2週間前に帰ってくるはずでしたが、火山の噴火のせいで1週間遅れました。使った中東系の航空会社は、あの混乱にも関わらず、便の変更などの手続きもプロフェッショナルな仕事ぶりで良かったと言っていました。

今年に入ってから、水曜日のレッスンは、一時的に来てもらっていた他の1人もイギリス人女性だったので、ずっとイギリス人女性講師とのレッスンになっています。

私自身はイギリスに行ったことはないので、イギリスについて知らないことも多くて、話をすればするほどいろんな発見があって、毎回楽しいレッスンになっています。

イギリス人とアメリカ人は、お互いの英語について納得いかない事がいろいろとあるので、そういうところを確認してみるのも、面白いです。これまでにレッスンで話したことの中には、イギリスでは日本やアメリカで言う建物の2階が 1st floor であるということがあります。あとは、例えば9月2日を「9/2」と書くか「2/9」と書くかという話もしました。

また、アメリカ人と比べるとイギリス人は罵り言葉をより平然と使うということも、よく話題になります。four letter words(fuck, damn, shitなど)も、イギリス人は割と平気で頻繁に使うけど、アメリカ人のクリスチャンはイギリス人より信仰心が厚いので、汚い言葉や、Oh my God! などの God という言葉を避ける傾向があるようです。イギリス人がよく使う罵りの言葉では、bloody もあります。

レッスンのときに、イギリスとアメリカの英語の違いや文化の違いが話題になりやすい理由は、使っているテキストにもあります。以下に紹介しますが、このテキストでは、それぞれイギリス、アメリカ、オーストラリアの出身という設定の登場人物が、互いにやり取りする会話文が収録されているからです。

私はレッスン主催者の役得で、毎週、テキストに書いてあることに対して火曜日のアメリカ人講師が言うことと、水曜日のイギリス人講師が言うことを比べることができるのが楽しいです。

使用しているテキスト
   ↓ ↓ ↓

関連記事

Tag:イギリス英語


スポンサーリンク


コメント 0