イギリス人の講師が、レッスンのときに、Different folks, different strokes. と言っていました。どうやら、「何事も人それぞれ」という意味のようです。一瞬考えて、日本には、Ten people, ten colors. のような言い方があるけど・・・と言ったら、なるほどと納得していました。

THE FREE DICTIONARY で調べてみたら、Different strokes for different folks. という形で出ていました。

Different people like different things.; Different people live in different ways.

◇My neighbor spends all his free time working in his garden. I would never want to do that, but different strokes for different folks. お隣は暇があると庭仕事を楽しんでるが、私は庭仕事など決してしたくない。人それぞれ、好みが違うということか。

由来を調べてみようとしましたが、ネットを少し検索しただけでは、よく分りませんでした。stroke が何の意味なのかが分らないと、どうもイメージしにくいし、覚えにくいですよね。

講師に言われたとき、私は、泳ぐときの手や足の「(ひと)かき」の意味が思いつきました。確か「平泳ぎ」は breaststroke だったし・・・。あるサイトでは、ボートの「(ひと)漕ぎ」ではないかと推測していました。あと、文字を書くときなどの「ひと筆」も stroke です(漢字の「画数」は number of strokes や stroke count と言えます)。

The strokes of a pen or brush are the movements or marks that you make with it when you are writing or painting. (コウビルド英英辞典より)

関連記事

Tag:英語の.慣用表現


スポンサーリンク


コメント 0