Do as I say, not as I do. は、「私のしているようにではなく、私の言う通りにしてください」ということです。英語の語順の通りに訳せば、「私の言う通りにしてください。私のしている通りではなく」とも訳せます。以下、THE FREE DICTIONARY から引用します。

Do as I say, not as I do.
- Take my advice, even though I am acting contrary to it. (Sometimes used as an apology for behaving hypocritically.)

Jill: Why are you walking on the grass when I told you not to?
Jane: But you're walking on the grass.
Jill: Do as I say, not as I do.

上の例で、もしJillが母親でJaneが娘だとすると、以下のように訳せそうです。

ジル:どうして芝生の上を歩くの?ダメだって言ったじゃない。
ジェーン:ママは芝生の上を歩いているじゃない。
ジル:ママの真似はしなくていいから、言う通りにして。

Do as I say, not as I do. が使える状況は、いろいろあると思います。大人が子供をしつける場合もそうだし、経験者が語る「これだけはするな」・・・みたいな状況でも使えそうです。子供に指摘されたら、「大人はいいの」と答える場合も多いと思いますが、言われた子供は、そんなのずるい(That's unfair!)と思うかもしれません。

先週、トライアルレッスンをしてくれた新しい英会話講師は、 Do as I say, not as I do. を、アドバイスされた側が逆に相手の言動の矛盾を非難するのに使う・・・と言っていました。「自分はしているのに、人にはするなって言うこと?」という感じですね。素直な幼い子供ではなく、反抗期のティーンエイジャーなどが言いそうです。
関連記事

Tag:英語の.慣用表現


スポンサーリンク


コメント 2

mariko  2010, 01. 16 (Sat) 12:12

懐かしいなあ

Applecheeseさん、こんにちは。
Do as I say, not as I do.私が高校生の頃誰かからプレゼントされたブックスタンドにこの文が書いてあったのを思い出しました。そのあとにStudy every day.と書いてありました。

編集 | 返信 |  

Applecheese  2010, 01. 16 (Sat) 21:02

marikoさん

なるほど。その人は自分が勉強しなかったのを後悔していたのかもしれませんね。相手のことを考えて言ってくれるアドバイスは、どんなものでもうれしいですよね。

編集 | 返信 |