例えばサンドイッチにマヨネーズなどを入れないでもらいたいようなときに使える英語の言い方を、偶然知りました。もちろん、この言い方を知らなくても、without mayonnaise とか no mayonnaise と言っても用は足りるので、全然構わないのですが・・・。

以下の映画のシーンの中で、欲しいものがメニューにないので、いろいろとややこしい注文の仕方をしています。1:00あたりからのセリフで、トーストが欲しいので、チキンサラダサンドイッチのパンをトーストにして、レタスとバターとマヨネーズをなしにして欲しいと言っています。ウェイトレスが注文を復唱するときに、「~を抜きにする」(hold ~)が出てきます。Chicken salad sandwich. Hold the butter, the lettuce, the mayonnaise. と言っています。

その後でさらに、チキンもなしにしてくれと言います。ウェイトレスが不満げに「チキンなしですか?」(You want me to hold the chicken?)と言うと、I want you to hold it between your knees. と言っています。同じ hold という言葉を使った、うまい切り返しですね。「チキン抜きですか?」「そう、膝に挟んで抜いてくれる?」・・・などという訳は、どうでしょう。


注文しているのは、ジャック・ニコルソンです。これは、Five Easy Pieces という映画の有名なシーンだそうです。以下のようなパロディも作られています。

関連記事

Tag:英語の.慣用表現 映画.映画


スポンサーリンク


コメント 0