ハッタリという意味の bluff という言葉は、ポーカーなどのカードゲームの駆け引きなどに関連してよく使われます。数週間前にテレビで、映画 『007 カジノ・ロワイヤル』 が放映されていましたが、カードゲームの賭けのシーンでは、bluff という言葉がしきりに出てきていました。

A bluff is an attempt to make someone believe that you will do something when you do not really intend to do it.(コウビルド英英辞典より) 

本気ではない脅し・・・つまり、ハッタリですね。相手が強気に見えても、実はハッタリだろうと考えて勝負に挑んだり、「やれるものならやってみろ」と迫ることを、call someone's bluff と言います(someone のところが his/her/their など、相手を表す言葉になります)。

If you call someone's bluff, you tell them to do what they have been threatening to do, because you are sure that they will not really do it.

刑事ドラマ Closer の主人公、ブレンダ・ジョンソン(キーラ・セジウィック)は、容疑者を尋問するときに、ハッタリではないのかと思えるようなことも含めて、さまざまな駆け引きを使って自白を引き出すところが面白いです。


本当ですか?それともあれはハッタリで?


ハッタリなんて、まさか


ただ、希望を強く表現しているだけよ

最初に引用した名詞の bluff の説明には含まれていなかった、「知らないことを知っているように見せかける」の意味(これもハッタリと言えます)が、以下の動詞としての説明の後半に含まれていました。

If you bluff, you make someone believe that you will do something when you do not really intend to do it, or that you know something when you do not really know it.

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
『クローザー』をレンタルするなら → 【ぽすれん】
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
関連記事

Tag:英語の.単語 英語の.慣用表現 海外ドラマ.Closer


スポンサーリンク


コメント 0