イギリスの歌手、Nerina Pallot(ネリナ・パロー)の Real Late Starter という曲です。


歌詞はこちらにあります。前半は「今日は寝坊した。実は毎日してるけど。会う人もいないし、世の中に参加していない。天才的な負け組かも。自分で自分に相談している、自分の世界の大統領。このままベッドで寝てようか。自分の頭の中の世界で生活しようか。ああ、決められないことが多すぎる。怠け者と呼ばれてもしかたがない。自分のペースを守っているつもりだけど。だって、やりたくないことはやりたくない。拒絶の女王と呼んでもらおうかしら。もし私がひとかどの人間だったら、何事もそつなくこなしているはず。でも私はエンジンがかかるのがとても遅くて、遅れた時間を取り戻すので精一杯。もし私がひとかどの人間だったら、今頃みんなからちやほやされているはず。でも私は礼儀正しいから、いつもと同じように、その素晴らしいチャンスも逃してしまった」 ...という感じでしょうか。

彼女は、YouTube でこの曲のカバーのビデオを募集して、最優秀者を自分のライブに招くという企画をしました(その時の呼びかけは→こちら)。応募者は30人近くいたようです(→こちら)。以下は、そのうちの2つです。





他には、ちょっとすごいなあと感心したの(こちら)や、かわいいなあと思ったバージョン(これ)がありました。Nerina Pallot の曲では、以前、Everybody's Gone To War を紹介しました。最後に、おまけとして、最近のライブで Living On A Prayer をカバーしたときの様子を貼り付けておきます。



※ところで、上に貼り付けたYouTube動画のうち、特に最後の分などは重くてスムーズに再生されないという人もいるかもしれません。私もそうだったのですが、http://www.gongom.net/internet/youtube-slow.html を参考にしてYouTubeを高速化するソフトをインストールして使ってみたら、マシになりました。
関連記事

Tag:音楽.NerinaPallot 音楽.訳詞


スポンサーリンク


コメント 0