「火のない所に煙は立たない」 は、英語でもそのままの言い方と意味で使われるようです。英語が先か日本語が先かというより、人類共通の発想かもしれませんね。

If someone says there's no smoke without fire or where there's smoke there's fire, they mean that there are rumors or signs that something is true so it must be at least partly true.

つまり There's no smoke without fire.Where there's smoke there's fire. は、「噂や気配があるので、少なくとも一部は本当だろうという意味」で使われるということです。

「火のない所に煙は立たない」を英訳しろと言われたら、どういう風に訳そうかと一瞬迷いそうですが、この2つのどちらかを覚えておけば、迷わなくても済みそうです。

これらの表現をじっくりと見てみると、There's no smoke without fire. は「火のない煙はない」か「火がなければ煙はない」のような感じだし、Where there's smoke there's fire. は「煙のある所には火がある」なので、日本語の「火のない所に煙は立たない」とは、言いたいことは同じだけど、言い方が微妙に違っていますね。

言いたいときにとっさに英語で言えるように、覚えておこうと思います。
関連記事

Tag:英語の.慣用表現


スポンサーリンク


コメント 0