おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


目玉キャンディー


ハロウィンの仮装といえば、おばけ、幽霊、怪物、ゾンビ、魔女など、こわいものが定番ですよね。仮装だけではなく、いろんな飾りなども、不気味な感じのものを準備したりします(Jack-o'-lanternなど)。ハロウィンのパーティーに参加したり家々を回ったりする子供のために、不気味な目玉のようなロリポップを用意してみてはどうでしょう・・・というのが以下の映像です。

- - - - - - - -
(0:23~)見てください。子供たちはみな、この不気味な(spooky)目玉キャンディーを欲しがるでしょう。とても簡単に作れるので、作って配ってみてはどうでしょう。普通の大きさの棒付きキャンディー(sucker)の場合、白いティッシュペーパーを2~3枚重ねて、元々の包装紙を隠す必要があります。私は、戸棚にあったボールを使って6インチの円を描きました。15枚ぐらい重ねて切り取れば、一度にたくさんできるので、ぜひそうしてください。時間が節約できますから。キャンディーを2~3枚のティッシュで包み、棒の付け根のところできっちりときれいにねじります。不気味な感じにしたければ、血走った(bloodshot)血管を描いてみるのもいいでしょう。私は細い筆で赤い線を描きました。生け花用のスポンジにキャンディーを立てて、塗った色を乾かします。


黒目(iris)の部分には、4分の3インチサイズの穴開け器を使えばいいでしょう。1個ずつ切り抜くのと比べて手早くでき、子供たちにも手伝ってもらえます。また、小さい穴開け器で黒い紙を切り抜いて瞳孔(pupil)を作り、上から糊付けします。最後にリボンを蝶結び(bow)にするか、血走った血管から続けて全体を赤で包むこともできます(←ちょっと意味不明?)。この目玉キャンディーづくりは、たくさんの部品を簡単に切り抜くことができるので、学校でやるのにも向いています。置き方や飾り方はいろいろと楽しく工夫して、子供たちが自由に取れるようにすることができます。
- - - - - - - -

こういうのって、映像では面白そうに見えても、実際に自分でやってみると、子供だましにもならない「しょーもな~」という感じになりがちな気もしますが、それは工夫や技術が足りないからかもしれません。こういう簡単なことも、世の中には上手な人と下手な人がいますよね。

bow という単語には弓という意味もありますが、ここでは蝶結びという意味で出てきています。蝶ネクタイ(=bow tie)なども思い出します。

A bow is a knot with two loops and too loose ends that is used in tying shoelace and ribbons.(コウビルド英英辞典より)
関連記事


トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。