おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


16歳でヨット世界一周を目指す


ヨットで単独世界一周の最年少記録を目指して出発したオーストラリアのジェシカ・ワトソンさんのニュースです。途中でコメントしているヨット乗りの人は、話すのがゆっくりなのでそれほどでもないのですが、ジェシカさん本人の英語は、私にはとても聞き取りにくいです。あと、ナレーションの英語も、聞き取りに自信のない部分があります。


There were a range of emotions from tears to laughter as Jessica Watson said her good-byes to family and friends. If all goes according to plan the next time she sees them or even steps foot on dry land will be eight months from now. A small flotilla of well-wishers accompanied her to the official start line. *** everyone here applauds her determination and no one questions her courage, some do wonder if she has the experience to undertake such a risky adventure. Last month, on the first night of the test voyage she snapped her mast when her distinctive pink yacht crashed into a huge cargo vessel. The teenager was forced to limp back to port. An official report by maritime safety investigators found that she's fallen asleep without activating the crash warning device, and they were unimpressed with how she planned her epic journey. But the school girl and her parents have ignored calls for her to give up.

Fellow solo around-the-world sailor Tony Bullimore, who twelve years ago had be rescued by the Australian Navy after his yacht capsized in rough seas, knows all that there is dangers to face.(←自信ありません)

"She's got to be up against all sorts of sea conditions. She's got to have a good knowledge of sailing, boat handling, meteorology, weather routine, boat repairs, and you know, apart from the physical side of it, she's got to have a good mental attitude."

Even if she has to put into port for repairs, she can continue her journey and still break the record for the youngest ever around the world sailor. But she hopes to go (at/it??) alone all the way. If she is successful she'll prove her critics wrong, if not she could be putting her young life at risk.
関連記事


トラックバック

コメント

こんにちは
***はbutですね。

下線の部分は自分にはall the men is to thanks (???)と聞こえます。

()部分はtoに聞こえます。

ここまで聞こえ方がちがうとは...。

文法的にどうなのかわからないし、私もまったく自信ありません。

  • 2009-10-19│15:01 |
  • 匿名 URL│
  • [edit]
匿名さん

ありがとうございます。***はやっぱりButに聞こえますよね。

「こういう風に聞こえる」というアイディアはあっても、文法や意味を考えると自信が持てないことが多くて、そういうのは得てして間違っているというのが個人的な経験です。

「助けてもらった人たち全員に感謝」というのは、意味的にあり得そうですね。

ネイティブスピーカーに聞いてもらうと、簡単に解決することが多くて、やっぱり違うなあと思うのですが・・・。
  • 2009-10-19│15:14 |
  • Applecheese URL
  • [edit]
これはオーストラリア英語なわけですね。アメリカ英語だってもちろんわからないんですが、イギリス英語やろくに聞いたことがないオーストラリア英語だともって難しいです。
***は明らかにButと聞こえるんですが、そのButとeveryoneのあいだに何か聞こえるんです。the,there, there's のようなものが。意味を考えてもたぶん何もないんでしょうけど、But though (But, though )っていうのは文法的にありでしょうか?
「ここにいる皆は彼女の決断に拍手を送るが、中には疑問を持つものもいる」ってことを言っているわけですよね?

下線部はもっと自信がありません。
to faceの部分はshe'll faceに聞こえるんですよね。knows all that there're dangers she'll face
経験豊かなトニーさんは、彼女が直面するであろう危険についてよくわかっているってことでしょうか。

まだまだ勉強が足りない(あるいは限界?)と感じました。
10代の子を1人で海に出すのは問題だとニュースになっていましたが、この子のことだったのかな?
私が親なら心配で気が変になりそうです。
  • 2009-10-19│16:29 |
  • Jenny URL│
  • [edit]
Jennyさん

ありがとうございます。But, though ~ は、ありそうだし、考えてみたら意味もつじつまが合いそうですね。

dangers she'll face も、言われてみるとそう聞こえるような気がします。

私もどこかで似たような話を聞いたと思っていたら、8月にオランダで13歳の少女が挑戦するのを差し止める判決が出たというニュースもあったようです。確かに、他人のわれわれでも心配なのに、親はどういう気持ちなのかと思ってしまいますよね。
  • 2009-10-19│16:53 |
  • Applecheese URL
  • [edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009-10-20│22:25 |
  • [edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009-10-21│01:16 |
  • [edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009-10-21│15:32 |
  • [edit]
はじめまして。
いつもこっそりですが楽しみにブログを読ませてもらっています。
私はアメリカ在住なんですが、オージーアクセントは難しいですね…。
下線の部分は、「knows all about the dangers she'll face」に聞こえます。
  • 2009-10-21│23:00 |
  • Yuki URL│
  • [edit]
Re: タイトルなし
Yuki さん

ありがとうございます。she'll face の部分は、私もだんだん確信に近づいてきた気がします。アクセントが難しくてなおかつ早かったり、声がこもっていたりすると、ますます分りにくいですよね。
  • 2009-10-22│09:31 |
  • Applecheese URL
  • [edit]
聞き取りにチャレンジしていただいたみなさん、ありがとうございました。

smileさんがネイティブに聞いてくださったそうなので、以下にメッセージを引用します。smileさん、ありがとうございました。

> すみません。がまんできずに、ネィテイブに聞いてしまいました。
>
> knows all about the dangers she'll face
>
> だそうです。
>
> ***は、but though
>
> 最後は、go it alone で100%自分でやるというイディオムだそうです。
>
> ああ、全然わからなかったなあ。
> でもすっきりしました!(笑)
> このコメントを公開していいのならば、公開してください。一応、解答なので、しばらく秘密のほうがいいんかしら?とか思って。(笑)


最初、私一人では難しかったところも、いろんな人の意見を聞いているうちに、やっぱりだんだん正解に近づいていたんだなあと納得しました。でも、go it alone は知らなかったので、さすがにネイティブは違うなあ・・・とも思いました。
  • 2009-10-22│09:34 |
  • Applecheese URL
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。