以下、イギリスで今年、クモがたくさん発生するだろうという話です。途中の男性の話を除き、最初から21秒目までと、37秒目から最後までを聞き取ってみました。もし聞き取りが間違っていたら、教えてください。


(0:00~0:21) It is the season of the spider. In this September, there's expected to be a surge. They'll be everywhere, weaving webs of a sticky silk all over our homes and gardens. Last year's wet autumn and this year's pleasant summer have combined to create the perfect breeding conditions for the creepy crawlies.

(0:37~最後) Love them or hate them, Britain's six hundered species of spider are generally harmless, even if they might be unwelcome in some homes. Arachnophobes might not be happy but for the rest of us the boom in spieders is great news. Not only do they control flies and other pests but they are also an important food source for bird life. The charity Buglife hopes people will be inspired to take part in their survey which means seeking out spiders wherever they scuttle, be that a shed or darkened corner, in the hope it would cast some light on this much misunderstood creature.

arachnophobe(アラクノフォーブ)は、「クモ嫌いの人」ですね。「クモ恐怖症の人」と言ってもいいです。arachnophobia(アラクノフォビア)という形にすると、「クモ嫌い」や「クモ恐怖症」になります。○○フォビアや、その逆の意味の○○フィリアについては、こちらの記事をどうぞ。
関連記事

Tag:英語の.ニュース 動画.ニュース イギリス英語


スポンサーリンク


コメント 8

smile  2009, 09. 30 (Wed) 12:06

昨日のマルティナの英語と違いすぎるぅ~~後半はさっぱり解らなかったです。スクリプトありがとうございます。聞いて、読んで、また聞いて、読んで。勉強になりました。

編集 | 返信 |  

Applecheese  2009, 09. 30 (Wed) 12:44

smileさん

確かに、マルティナとは全然違いますよね。こういうのも、なんだかかっこいいと思ってしまう私は、もしかしたら「アクセントフェチ」でしょうか??

編集 | 返信 |  

Jenny  2009, 09. 30 (Wed) 21:40

...phobiaのリストを昔レッスンでもらったことがありますが、正直ちんぷんかんぷんなものも多かったです。高いところと水と閉所が苦手なので、それだけ覚えていればいいかなとv-398でもよほどのことでなければ、acrophobiaと言わずにI'm afraid of heightsでいいんだとネイティブに言われると余計に覚える気がなくなります。でも、大相撲で小錦が横綱になれなかったのは日本人のxenophobiaのせいだ・・・って記事がショックで覚えています。

ところで、以前にゴールディ・ホーンの自伝を読まれましたよね?過去の記事を見てみたんですが、最終的にどういう感想を持たれたか探せませんでした。探し方が悪いんでしょうが、いかがでしたか?先日彼女のインタビューを見て、なかなか感じのいい人だったので、どうしようか迷っています。でも、あまりスピリチュアルなことが多かったら私にはダメかなと思っています。いろんなセラピーを受けたことを書いているんですよね?よかったら、感想や難易度など教えてください。もしろん、Applecheeseさんがすらすら読めるものを私が同じように読めるわけないんですが。

編集 | 返信 |  

Applecheese  2009, 09. 30 (Wed) 23:53

Jennyさん

そうそう、フォビアやフィリアの前につく部分は、難しくて覚えにくいものが多いですね。また、覚えても他であまり応用も利かないし・・・。私も、何かの恐怖症だということしか分らないときが、よくあります。

ゴールディ・ホーンの自伝は、スピリチュアルな部分は全体から比べると少しだけなので、心配ないと思いますよ。文章もそんなに難しくないし、子供時代や家族とのエピソードも多いし、昔の出演映画などの話も出てきて、面白かったです。

編集 | 返信 |  

hirokorinnn  2009, 10. 01 (Thu) 01:06

ひさしぶりにコテコテのイギリス英語をききました♪一時期、短期間ですがイギリスにいたこともあったので、すごく懐かしかったです♪住んでいたら、段々と,自分もその発音がうつってくるので不思議でした。
Arachnophobes って単語は初めて知りました。

編集 | 返信 |  

Applecheese  2009, 10. 01 (Thu) 10:32

やっぱりこれって、コテコテなんですね。私はイギリスには行ったことがないのですが、ときどきニュースや映画などでこういう発音を聞くと、こういうのに浸りに行ってみたいなあという気がします。日本人でも、イギリスとかアメリカとか、住んでいた国の英語のアクセントが板に付いている感じの人がいて、面白いですよね。

編集 | 返信 |  

Jenny  2009, 10. 01 (Thu) 18:48

そうですか。ギブアップする可能性もありますが、自伝読んでみようと思います。ありがとうございました。

編集 | 返信 |  

Applecheese  2009, 10. 01 (Thu) 21:48

Jennyさん

ゴールディのファンとして、うれしいです。私はあまり時間がなくて途切れ途切れに読んだ覚えがありますが、珍しく完読したので、たぶんJennyさんも大丈夫なんじゃないかなあと思います。

編集 | 返信 |