事務所で開催中の英会話レッスンのテキストが、9月15日から変わります。

今まで使ってきたのは Barron's 504 Absolutely Essential Words でしたが、それが終わるので、新たに以下のテキストを使い始めます。題名からわかるように、TOEFL試験の語彙対策用の本ですが、TOEFL対策の授業をするわけではなくて、一般的な英会話のレッスンに使用します。

400 Must-Have Words for the TOEFL
400 Must-Have Words for the TOEFL
McGraw-Hill 2005-03-24
売り上げランキング : 26318


Amazonで見る(「なか見!検索」付き)

by G-Tools

このテキストは、1章につき10個の英単語を学習するようになっていて、個々の単語の意味と例文と、1ページ未満の文章を含む練習問題から構成されています。

このテキストを使うレッスン自体は、今までと同様、ネイティブ講師1名と私自身を含め、最大6名のグループで、テキストの内容を読んで、それについて英語で話し合うというスタイルになります。

大阪・南森町で週2回開催していて、まだ空席があるので、参加者募集中です。開講日や料金などの詳細は、こちらをご覧ください。

このテキストを使ったレッスンの前の時間には、別のテキスト 『日本人でも超えられるネイティブ英語の壁 (ダイアローグプラス)』 を使ったレッスンを開催しているので、そちらと同時受講(2時間連続)することもできます。
関連記事

Tag:英語の.学習書 本.英語学習書


スポンサーリンク


コメント 0