雑誌TIMEで、アメリカの医療制度改革を求める人々が、ある上院議員に陳情するために列を作っている・・・という内容の記事を読んでいたら、人の列のことを conga line と表現していました。 

私は、コンガというと、あの縦長の手で叩くドラムの名前だということしか知らなかったので、あらためて辞書で引いてみました。すると、コウビルド英英辞典には、打楽器の名前としての説明はなく、代わりに以下の説明だけが出ていました。

If a group of people dance a conga, they dance in a long winding line, with each person holding on to the back of the person in front.

これを読むと、コンガというのは、ダンスの名前なんですね。前の人の肩や腰に後ろから手を置いて列を作り、踊るようです。(Google画像検索

そこで、「そういえば!」と思ったことがあります。グロリア・エステファンがボーカルをつとめたマイアミ・サウンドマシーンの Conga という曲の歌詞です(歌詞はこちら)。

Come on , shake your body baby, do the conga というフレーズが何度も繰り返されますが、ドラムだったら do ではなくて play になるはずだから、このコンガは、やはりダンスと考えるべきでしょうね。歌は知っていましたが、考えたことがありませんでした。1985年に流行った Conga のビデオは→こちら。 

ちなみに、THE FREE DICTIONARY には、ダンスとドラムの両方の説明がありました。

conga
 Noun
   1. a Latin American dance performed by a number of people in single file
   2. a large single-headed drum played with the hands
 Verb
   to dance the conga [from American Spanish]
 
conga
関連記事

Tag:英語の.慣用表現 音楽.洋.MiamiSoundMachine


スポンサーリンク


コメント 0