おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


違和感のある「○○化」


「○○化」というパターンの言葉は、便利なのでよく使われますが、少し使われすぎな感じがします。ニュースやいろんな人の公の場での発言などで聞く「○○化」の中には、私自身は違和感があり、使いにくいものもあります。

どういうのかというと、「加速化」や「拡大化」、「縮小化」などです。「高騰化」も、ちょっといやです。別に、絶対に使ってはいけないと主張するわけではありませんが、個人的には、どうしても違和感があります。

加速や拡大や縮小や高騰は、それ自体がすでに「移り変わり」を表している言葉なので、「化」をつけなくても、同じ意味で通じるはずだからです。でも、わざわざ「化」をつけているのは、それだけではなにか足りない気がしているのかもしれませんね。

「業務を加速」するのと、「業務を加速化」するのとでは、何かが少し違うような感じがします。でも、それってうまく説明できますか?難しいですよね。微妙です。聞いた感じが少し違うだけで、言っていることはまったく同じの場合が多いのではないでしょうか。

高速化や大規模化なら、高速や大規模という言葉自体、移り変わりを表しているわけではないので、気になりません。

自分の仕事に関して言えば、英語を日本語に翻訳するときに、英語の理屈を日本語に直すとまわりくどくなることが多いので、なるべく簡潔な日本語にする工夫が必要です。いったん作った日本語の訳文を見直すときには、省ける言葉は省くようにすることがあります。例えばよくあるのは、「~という」の「という」が省ける場合です(「~するという方針」、「~するという計画」など・・・)。それと同じで、加速化や拡大化の「化」も、もし使ってしまったら、省ける場合が多いだろうと思います。
関連記事


トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。