北朝鮮政府に捉えられてた米国人ジャーナリスト2人が、同国に対する重大な罪(grave crime)と不法入国の罪で有罪判決を受けました。北朝鮮の国営テレビ(state-run television)によると、ローラ・リンさんとユナ・リーさんは、12年間の重労働の刑を宣告されました。2人は、ゴア元副大統領が経営するCurrent TVのレポーターとして、女性の人身売買に関する取材をしていましたが、3月に身柄を拘束されました。それ以来、米国の政府関係者らは2人の解放に向けて努力してきましたが、成果は上がっていません(worked for the reporters' release, but to no avail.)。

If you do something to no avail, or to little avail, what you do fails to achieve what you want. (コウビルド英英辞典より)

「アル・ゴアさんが現地に行くか、少なくとも解放に向けた行動を起こしてくれると思います。というのも、彼は2人の雇用主ですし、多くの人脈がありますから。彼ぐらいのレベルの人が関わって、行動を起こす時期が来ていると思います」

2人の裁判は先週木曜日に北朝鮮の最高裁で始まり、一般人や外国人には非公開で行われました。2人は上告はできず、北朝鮮の最高裁の判決は最終判決となります。


「12年というのは、非常に厳しい判決です。ただ、これはあくまでも象徴的なものであって、何ヶ月かで解放されることを願っています」

この数週間、(米)国内各地では、2人のジャーナリストを支援し、この件に関心を持ってもらおうと、街頭で呼びかけたり、夜に集会を開いたりといった活動が行われています。海外では、12年の重労働の刑は予想以上に重いという反応が見られ、多くは5~10年で解放されるのではと観測しています。
関連記事

Tag:英語の.慣用表現 英語の.ニュース 動画.ニュース


スポンサーリンク


コメント 0