おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

♪姉妹グループ5組


姉妹でやっているバンドやグループをいくつか紹介してみます。まず、ポップス系を3組いきます。

最初は、The Veronicas です。この2人は双子で、オーストラリア出身です。


次は、Aly & AJ です。このブログでは、クリスマスソング(ジングルベル・ロックDeck the HallsWe Three Kings)を紹介したことがありました。今はグループ名を 78violet に変更しています。


次は、3姉妹バンド、Everlife です。以前、Goodbye という曲を紹介したことがありました。以下の I Could Get Used To This は、最初に紹介した The Veronicas の曲のカバーです。


こういうアイドルっぽいポップス系以外のジャンルでも(ちなみに英語では genre は「ジャンラ」という発音です)、考えてみたら姉妹グループはたくさんあります。ソウルやR&B系にも多いように思います。でもそれは今回は割愛して、以下の2組は、カントリーやブルーグラスや、それに近いアメリカのルーツ音楽っぽい感じの音楽をやっています。

まず、Lovell Sisters です。All You Have To Say という曲ですが、歌詞の中からは burn bridges や between a rock and a hard place などのイディオムが聞こえてきます。今はメンバーが1人が抜けて Larkin Poe に名前を変えていますが、頑張って活躍してアルバムを出してもらいたいです。以下の映像以外にも探せば色々ありそうです(チェックした他の曲の映像 → Lonesome FeelingI'm Blowin' Away)。


今回の最後は、The Peasall Sisters です。なぜか、おばあちゃんが見ているテレビの画面の中に入っていますが・・・。


上の曲に2曲が追加されている動画もあって(→こちら)、追加の2曲がなかなか良かったです。


街頭インタビュー「世界的不況の生活への影響」


以下は、半年前に撮影されたニューヨーク(タイムズスクエア)での街頭インタビューの映像です。世界的不況の影響を個人的に受けているかどうか、いろんな人に質問しています。


[0:08] global economy is going limp 世界経済は悪化している (limp は形容詞の場合「弱々しい」、「元気のない」)

[0:28] vicious cycle 悪循環 (So, it's *** vicious cycle.と言っていますが、*** のところがよく聞き取れません。わかる人がいたら、教えてください。)

[0:31~] but I'm happy because Brazil is growing (Brazilとgrowingが最初はよく聞き取れませんでした)

[0:56] That's the only perk … (perk は、特定の職業に付随する「特典」、「役得」)

[1:04] And if they do any time soon then I guess we have bigger problems to worry about.

[1:28] or we're headed for breadlines and even worse things? (breadline は「食糧配給を受けるために並ぶ人の列」のこと)

[2:06] Global economy apparently continues to fall flat. (fall flat は、ここでは「うまく行かない」、「失敗する」)・・・そう言えば、fall flat が歌詞に出てくる歌がありました(→こちら

レポーターは The Resident こと Lori Harfenist さんです。この人のタイムズスクエアでの街頭インタビューは、他にもこれまでに何度か紹介してきました(→こちら)。また、一人でしゃべっている動画も、いろいろあります(→こちら)。

pop と言うより fizzle


TIME誌の中に、アフガニスタン支援のために開かれた国際会議についての短い記事がありました。会議にはパキスタンとタリバンの代表が参加していないため、実効性がなく、成果や進展がないだろうことは分かっていた・・・という意味で、以下のような一文がありました。

Considering that those two elements(←パキスタンとタリバンのこと) hold the keys to Afghanistan's long-term stability, it was pretty much a foregone conclusion that Bonn II(会議の名前), held exactly 10 years after the first international conference on the country's future, would be more fizzle than pop.

foregone は、「決着済みの」や「過去の」という意味です。foregone conclusion となると、確実なことや、既定の結論(結果)という感じです。

If you say that a particular result is a foregone conclusion, you mean you are certain that it will happen.(コウビルド英英辞典より)

最後の would be more fizzle than pop は、「pop と言うよりは fizzle になるだろう」 ということですが、英和辞典によると、fizzle の名詞の場合の意味は、(1)失敗、へま、水の泡、(2)シュシュという音、・・・だそうです。動詞として使われることもあり、「(最初はうまく行くが)失敗に終わる」という意味と、「(飲み物などが)かすかにシュシュと音を立てる」という意味があります。

この fizzle ですが、なんだか聞いたことがあるような気がしたのは、主にイギリスで炭酸飲料のことを表すために使われる fizzy drink の fizzy に似ているからでした。fizzy は、「シュシュという音」の意味を持つ fizzle の形容詞バージョン(「シュシュと音の出る」)だと考えていいと思います。

pop の方は、辞書を調べても「成功」という意味は見つかりませんでしたが、「ポンという音」という意味に加え、「炭酸飲料」の意味もあります。fizzle の方は、それだけでは炭酸飲料の意味はないので、炭酸飲料のイメージで2つを引っかけたというよりは、音のイメージで、would be more fizzle than pop = 「ポンというよりは、シューッとなるだろう」 という感じなのだと思います。

ただし、もしこの文を日本語に訳すとしたら、さすがに、「ポンというよりは、シューッとなるだろう」 とはしにくいので、pop のはじけるイメージを考えて、「(会議は)弾みになるというよりは、失敗の色合いが濃くなるだろう」ぐらいに訳すのが良さそうです。

※過去の関連記事:
炭酸飲料つながりで → 「ソーダ税」「アイアンブルー」「Coke on the rocks?」

♪Connie Talbot - サンタが町にやってくる


以下の動画は、イギリスの Connie Talbot ちゃんの6歳の時の映像です。本人は2000年生まれなので、5年前の映像になります。

冒頭は話の途中ですが、彼女が出演したイギリスの番組『ブリテンズ・ガット・タレント』と、審査員のサイモン・コーウェルの名前が聞こえます。次に、アメリカ海兵隊のチャリティーToys For Tots(「子どもたちにおもちゃを」)に協力していることを紹介しています。海兵隊は Marine Corps とも言いますが、ここでは US Marines と言っています(→関連記事

その後を訳してみると、こんな感じです。「コニー・タルボットさんです。ご覧の通り私は今、片膝を付いています。・・・ははは。お元気ですか?」 - 「元気です。ありがとう」 - 「ところであなたは6歳ですが、ステージに上がってサイモン・コーウェルと対面しました。怖くなかったですか」 - 「こわくなかったです」 - 「彼は何と言いましたか?」 - 「最初のオーディションのとき、音程が完璧だと言ってくれました」 - 「音程が完璧ですか。彼はそんなこと滅多に言いませんよね。アメリカン・アイドルを見ているとよく分かります」 - 「あなたはToys for Totsを支援していますが、何か分かったことはありますか?」 - 「素晴らしいチャリティだということが分かりました。お手伝いできてうれしいです」 - 「さて、私はもう話すのをやめようと思います。彼女は素晴らしい声の持ち主なんです。私はすぐに引っ込みますが、その前に、10月13日に、コニーのアルバム Holiday Magic が発売されます。これは、この季節に聞きたい定番の名曲を集めたアルバムで、収益の一部は Toys for Totsに寄付されます。では、歌っていただきます。コニー・タルボットさん、どうぞ」。


歌は、Santa Clause is Coming to Town(サンタが町にやってくる)です。歌詞が聞き取りやすいのが、私にはうれしいです。ちなみに、この歌の歌詞については、5年前に紹介していました(→こちら)。

pitch perfect は、語順を逆にした「絶対音感」=perfect pitch とほぼ同じと考えていいのかもしれませんが、日本語の「音感」は音を聞き分ける能力で、それを歌えることとは違うイメージがありそうな気がするので、「音程が完璧」と訳しました。

映像で紹介されているものとは違いますが、この曲が入ったコニーのアルバム"Christmas Album" を、オークションに出品しています(→こちら)。オークションでは、他のアーティストのクリスマス・アルバムや、いろんな洋楽CDを格安で出品していますので、興味のある方は、出品一覧をご覧ください。




プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索