おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

スペインの雨は平地に


「スペインの雨は主に平地にとどまる」と聞いてピンと来る人は、いるでしょうか?

元は英語で、The rain in spain stays mainly in the plain. です。

これは、映画『マイ・フェア・レディ』の中で、下町訛りで話す主人公イライザ(オードリー・ヘップバーン)をレディに仕立て上げるため、訛りを直すべく、言語学の教授が繰り返し練習させたフレーズです。

この映画はロンドンが舞台になっているようなので、主人公の言葉の訛りは、ロンドンの下町まなりなのでしょうね。

この言葉で直している訛りは、ai の発音です。標準的な英語だとエイになるところが、アイになってしまう訛りを直そうとしています。

レイン・イン・スペイン・ステイズ・・・となるべきところが、ライン・イン・スパイン・スタイズ・・・になってしまうというのが、主人公イライザの訛りです。


マイ・フェア・レディ 特別版
マイ・フェア・レディ 特別版ジョージ・キューカー オードリー・ヘプバーン レックス・ハリソン

ワーナー・ホーム・ビデオ 2005-11-18
売り上げランキング : 2440

おすすめ平均 star
starミュージカル映画に絶対、欠かせないものとは、、、?。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



皆既●食


昨日、北アフリカ、地中海、中東あたりで皆既日食が見られたそうですね。部分日食なら、子どもの時に黒くしたガラスで見た記憶がありますが、皆既日食は経験がないと思います。

皆既日食は、英語では total eclipse of the sun と言います。total solar eclipse とも言えます。

total が「皆既」、eclipse(イクリプス)が「食」、of the sun が「日」にあたります。

皆既月食は sun を moon に置き換えて "total eclipse of the moon" になります。

それから、solar(ソーラー)=「太陽の」を lunar(ルーナー)=「月の」に言い換えて、total lunar eclipse ということもできます。 

「皆既」じゃなくて「部分」なら、total の代わりに partial(パーシャル)を使います。

An eclipse of the sun is an occasion when the moon is between the earth and the sun, so that for a short time you cannot see part or all of the sun. An eclipse of the moon is an occation when the earth is between the sun and the moon, so that for a short time you cannot see part or all of the moon. (コウビルド英英辞典より)

昔、ボニー・タイラーという歌手が、Total Eclipse of the Heart という歌を歌っていました。

この曲の邦題は「皆既心食」かと思いきや、「愛の翳り」だそうです。まあ、「翳り」(かげり)なら、確かに日食や月食のイメージとも、それほど遠くないですよね。

ちなみに、この曲がスペイン語バージョンで歌われているのを聞いたこともありますが、そっちは Eclipse Total del Amor で、「皆既愛食」になっていました。

in the lap of luxury


in the lap of luxury という英語の表現があります。

grow up in the lap of luxury は、「ぜいたくに育つ」とか「ぜいたくな環境で育つ」ということです。

live in the lap of luxury は、「ぜいたくな暮らしをする」ということです。

luxury(ラクシャリ)は、「ぜいたく」です。

lap(ラップ)は、ラップトップコンピュータ(ノートパソコンのこと)の「ラップ」と同じで、椅子などに座ったときに物を載せたり手を置いたりできる、ひざ頭から腰までの部分のことです。

grow up in luxurylive in luxury でもいいのですが、間に the lap of を入れることによって、「ひざに抱かれている」とか「ひざまくらされている」かのような、ぬくぬくとぜいたくを楽しんでいる感じが出てくるのだと思います。

If you say that someone lives in the lap of luxury, you mean that they live in conditions of great comfort and wealth. (コウビルド英英辞典より)

take to the streets


英語のニュースでよく聞く表現に、take to the streets(デモ行進をする)があります。

日本は平和だからか、あるいはみんなが満足しているからか、デモ行進のニュースは少ないですね。

英語のニュースでは、thousands of protesers took to the streets (何千人もの抗議者がデモ行進を行いました)という言葉は、ほとんど決まり文句といってもいいぐらいに、よく聞きます。

変なたとえですが、日本語の「バールのようなものでこじあけられ」ぐらいによく聞く気がします。(関係ないのですが、この言い方、バールのようかどうかはどうでもよくて、こじあけられたことだけ伝えればいいような気がします)

炭水化物


ダイエットの方法の一つとして、食事に含まれる炭水化物を減らすという「ローカーブ」ダイエットというのがあるそうですね。

ローカーブは low carb で、carb とは、carbohydrate(カーボハイドレート)炭水化物の略です。つまり、「低炭水化物ダイエット」ということです。

ところで、この「炭水化物」carbohydrate ですが、私はつい最近まで、「カーボンハイドレート」だと思っていました。

英語の発音としては、「カーボーハイドレート」というように「ボー」と伸ばし気味な感じもするので、そこが「ボン」に聞こえなくもないというのが、私のいいわけその1です。もう1つのいいわけは、もちろん、carbon=炭素、という言葉につられたということです。

Carbohydrates are substances, found in certain kinds of food, that provide you with energy. Foods such as sugar and bread that contain these substances can also be referred to as carbohydrates. (コウビルド英英辞典より)

炭水化物は、タンパク質(protein)、脂肪(fat)とともに三大栄養素(the three major nutrients)の1つに数えられています。極端なローカーブダイエットは、これを否定することになるので、良くないのではないかと個人的には感じます。

水晶玉 - crystal ball


占い師が使う 「水晶玉」 のことを、crystal ball(クリスタル・ボール)と言います。

コウビルド英英辞典に載っているかなあと思いながら調べてみたら、載っていました。

If you say that someone, especially an expert, looks into a crystal ball, you mean that they are trying to predict the future. Crystal balls are traditionally used by fortune-tellers.

「未来を占う」 とか 「将来を予測する」 を、look into a crystal ball という言い方で表現することができるようですね。

例えば「私の予想は当たらない」というのをちょっと面白く言いたいときには、My crystal ball doesn't work. などと言うこともできます。

有名な猫


イギリスの首相官邸に長年住みつき、話題を提供してきた「ハンフリー」という名前の猫が、この世を去ったというニュースを見ました。18歳ぐらいだったそうです。

サッチャー首相のころに現れ、長年首相官邸に住み、「ねずみ取り」役をしていたと言われていますが、ブレア首相のときに「引退」し、公務員の家に引き取られていたそうです。官邸からの引退の真相については、ブレア首相の夫人シェリーさんが猫嫌いだったため追い出されたのだとも噂されたそうです。

以下、BBCのサイトからです。

============
Downing Street cat Humphrey dies

The 10 Downing Street cat Humphrey has died, a spokesman for the prime minister has confirmed. The black and white feline passed away at the home of a Cabinet Office worker who took him when he "retired".

Humphrey was adopted by Number 10 after wandering into the building as a stray while Margaret Thatcher was PM in 1989.

He moved out six months after Labour's 1997 general election win, with Tony Blair's wife Cherie denying reports her dislike for the animal was to blame.

"I can confirm we have been told that Humphrey sadly died last week some time," a Downing Street spokesman said.
============

10 Downing Street
イギリス首相官邸の住所。「ダウニング・ストリート10番地」

feline
猫のこと。フィーラインと発音。ちなみに犬は canine(ケーナイン)と呼ばれることがあります。

PM
首相。Prime Minister の略。イギリスでよく使われます。

over the hill - 盛りを過ぎた


「丘」という意味の hill という英単語を辞書で引いたら、over the hill という表現が紹介されていました。

If you say that someone is over the hill, you are saying that they are old and no longer fit, attractive, or capable of doing useful work. (コウビルド英英辞典より)

日本語の 「盛りを過ぎた」 に近い感じです。日本語の「盛りを過ぎた」は、人だけでなくて、花とか季節とかにも使えますが、上の説明を読むと、over the hill は、人に対してだけ使う言葉のようです。

「盛りを過ぎた」と言われるような人たちといえば、スポーツ選手がまっさきに思い浮かびます。

野球やサッカーなどの「盛りを過ぎた選手」は、over the hill players と呼べます。

いろいろ検索していたら、over the hill actress とか、over the hill prostitute なども結構ヒットしました。これらは、上の英文の説明の中の、no longer attractive のところに該当します。

over the hill などの複数の語が、こういう風に player や actress といった名詞の前で形容詞的に使われる場合には、over-the-hill というように間をハイフンでつなぐ場合が多いです。

たとえば over-the-counter drug とは、「薬局のカウンターで(処方箋なしで)買える市販薬」という意味です。

あんこう(anglerfish)


昨日の記事では、なまず(catfish) について書きましたが、じゃあ 「あんこう」 は何と言うのだろうと思い、辞書を引いてみました。

すると、あんこう は、anglerfish(アングラーフィッシュ) と出ていました。

angler(アングラー) とは、魚釣りをする人のことです。

An angler is someone who fishes with a fishing rod as a hobby.(コウビルド英英辞典より)

チョウチンアンコウは、頭のところにチョウチンのような突起があって、あれで小魚をおびき寄せて食べますが、それが魚を釣っているようなので、そう呼ばれるのでしょう。

上の angler の説明にもありますが、釣り竿は fishing rod と言います。また、釣りに使う餌は、bait(ベイト)と言います。

ところで、チョウチンアンコウって、不思議な生態をしているらしいです。興味のある人は、こちらをどうぞ。

ナマズ


ナマズは、英語で catfish(キャットフィッシュ)と言います。猫みたいにヒゲが生えているからだと思います。

Catfish are a type of fish that have long thin spines around their mouths.(コウビルド英英辞典より)

上の説明で、"Catfish are ..." となっているのに注目してください。fish は、複数形もほとんどの場合は fish が使われ、fishes とするのは魚の種類について議論するときぐらいです。catfish も同じなんですね。

あと、ヒゲを spines と言っています。spine は、「トゲ」という意味と「背骨」という意味がありますが、ここではトゲの意味です。猫のヒゲは whisker(ウィスカー)と言うので、ナマズもそうかと思ったら、違っていました。

ナマズの料理を、アメリカで食べたことがあったような気がします。アメリカの南部でよく食べると聞いたことがあるような記憶があるのですが、あまり定かではありません。

魚や海産物関係の英単語は、旧Applecheese Diaryでも結構いろいろ取り上げました。

たらこ(cod roe)/かずのこ(herring roe)/すじこ(salmon roe)

にしん(herring)

えら(gill)

こんぶ(kelp)

かつお(bonito)

輪ゴム(rubber band)


輪ゴムは、英語では rubber band(ラバーバンド)と言います。

A rubber band is a thin circle of very elastic rubber. You put it around things such as papers in order to keep them together.(コウビルド英英辞典より)

ラバーバンドと聞いて私が思い出すのは、CADやCGのソフトで、図形や形状などを編集するときに、編集対象を選択するために、画面上の四角形の領域をクリック&ドラッグする機能です。

この種の機能は、四角形を広げたり縮めたりするところが、何かを束ねようとして輪ゴムを引っ張っているようなので、英語のソフトウェアでは、rubber band と呼ばれることがあります。

ちなみに日本語のソフトウェアでは、輪ゴムやラバーバンドではない、もっとほかの機能名を使うことの方が多いと思います。

band という単語は、「帯状のもの」と「音楽隊」のだいたい2つの意味があります。

brass band は日本でもブラスバンドと言いますが、無理に訳したら「真鍮楽団」になります。あと、ロックバンド=「岩石楽団」というのは、どうでしょう?これにラバーバンド=「ゴム楽団」が加われば、真鍮、岩石、ゴムの3種類の 「材料系楽団」 が揃います・・・。

ウソ発見器


polygraph(ポリグラフ)とは、警察が使う「うそ発見器」の一種です。

質問に受け答えする人物にいろいろな計器を取り付けて、心拍数や血圧、発汗などの変化をモニタリングするというものです。変化が大きいと動揺していると思われることから、嘘をついている可能性が高いという理屈です。

A polygraph or a polygraph test is a test which is used by the police to try to find out whether someone is telling the truth. (コウビルド英英辞典より)

polygraph という単語は、「グラフ(graph)多い(poly)」と考えると納得できます。心拍数や血圧や発汗量などをそれぞれグラフ化し、どのような受け答えのときにグラフが大きく振れたかを見るからです。

poly で始まる英単語と言えば、いろんなプラスチックの物質名が思い浮かびます。ポリエチレン(polyethylene)、ポリエステル(polyester)、ポリ塩化ビニル(polyvinyl chloride = PVC)、などなど・・・。他にも、数学の分野では、polynomial(多項式)や polygon(多角形・・・厳密には「多辺形」)があります。

CNNを見ていたら、従来のポリグラフではなくて、MRI(磁気共鳴画像装置: magnetic resonance imaging)を使って脳の内部を見ることによってウソを見抜く技術が紹介されていました。ウソをつくときには、普通に受け答えするとき以上に、脳のいろいろな領域が働いて、違いが分かるということのようです。

どちらにせよ、機械だけで嘘を完全に見抜くことはできないはずだから、警察は、こんな機械や技術に頼らず、真面目な証拠に基づく捜査に励んでもらいたいという気がします。


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索